500系「エヴァ新幹線」5月に運行終了 京都鉄道博物館で特別展開催

500系「エヴァ新幹線」5月に運行終了 京都鉄道博物館で特別展開催

山陽新幹線を走る500系「500 TYPE EVA」のイメージ(画像:JR西日本)。

『新世紀エヴァンゲリオン』の世界観が楽しめるJR山陽新幹線「500 TYPE EVA」の運行終了日が決定しました。これにあわせ、京都鉄道博物館では特別展も開催されます。

新大阪〜博多間で運行中

 JR西日本は2018年1月19日(金)、山陽新幹線を走る500系の「500 TYPE EVA」について、5月13日(日)に運行を終了すると発表しました。

 現在は、上り博多6時40分発新大阪行き「こだま730号」と、下り新大阪11時29分発博多行き「こだま741号」の時刻で運行中。2本とも毎日走っている定期列車ですが、一部の日で「500 TYPE EVA」の編成が使われています。

「500 TYPE EVA」は山陽新幹線の全線開業40周年と、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビ放送開始20周年を記念し、2015年11月から同線で運行が始まりました。

 車両デザインは、『エヴァ』のメカニックデザイナーである山下いくとさんが担当し、監督の庵野秀明さんが監修。外観はもちろん、車内も、エヴァの実物大コックピットなどが設置された1号車の「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」や、2号車の「特別内装車」などにより、新幹線に乗りながら『エヴァ』の世界観を楽しめます。

「500 TYPE EVA展」開催

 運行終了を控え、京都鉄道博物館(京都市下京区)では、特別展「500 TYPE EVA展」を開催。「500 TYPE EVA」プロジェクトの紹介をはじめ、海洋堂のフィギュア展示、山下いくとさんによる「500 TYPE EVA」原画の展示などが予定されています。

 期間は2月9日(金)から5月6日(日)まで。JR西日本と京都鉄道博物館は「特別展も、実際のご乗車も、どちらもお楽しみください」としています。

【写真】碇司令に見つめられる2号車「特別内装車」

関連記事(外部サイト)