知立駅の名古屋本線上り6番線が仮線に 高架化工事で切り替え 名鉄

知立駅の名古屋本線上り6番線が仮線に 高架化工事で切り替え 名鉄

知立駅6番線(仮ホーム)のイメージ(画像:名古屋鉄道)。

高架化工事が進む名鉄の知立駅で、名古屋本線上り6番線の線路が仮線に切り替わります。

2月に切り替え

 名古屋鉄道は2018年1月22日(月)、名古屋本線・三河線の知立駅(愛知県知立市)で、2月10日(土)から一部の線路を仮線に切り替えると発表しました。

 愛知県と進めている知立駅付近連続立体交差事業に伴うもので、今回の切り替えでは、名古屋本線上り(豊橋方面)の線路と6番線ホームの位置が変わります。

 この事業は知立駅付近の名古屋本線約1.6kmと、三河線の豊田市方面約1.9km、碧南方面約1.5kmが高架化されます。完成すると、10か所の踏切が廃止される計画です。

関連記事(外部サイト)