最初で最後! バスの運転体験イベント2月開催 大阪市交通局

最初で最後! バスの運転体験イベント2月開催 大阪市交通局

(画像:photolibrary)。

民営化を控えた大阪市交通局が、最初で最後の「バス車両運転体験イベント」を開催します。

事前応募制、締切は2月2日

 大阪市交通局は2018年1月22日(月)、「バス車両運転体験イベント」を2月25日(日)にもと港営業所(大阪市港区)で開催すると発表しました。

 特設コースでバスを運転できるほか、市バス車両の展示、小学生を対象とした車両解説や運転席体験が予定されています。

 対象は、小学生とその保護者です。バス車両の運転体験は、普通自動車免許(AT限定含む)以上を所持していることが条件です。

 参加費は無料。イベントは朝から夕方にかけて4回に分けて開催され、各回8組(第4回は4組)が募集されます。1組あたり最大4人まで参加が可能。ただし運転体験は1組につき1人までです。応募は大阪市交通局ウェブサイトの応募ページから。締切は2月2日(金)です。応募者多数の場合は抽選が行われます。

 大阪市営バスは、1927(昭和2)年2月26日に開業して以来、90年にわたり大阪市民の足を支えてきました。2018年4月から、市営バスの運営は「大阪シティバス株式会社」に移行することから、大阪市交通局は今回のバス車両運転体験イベントについて「最初で最後」としています。

関連記事(外部サイト)