一見なんだか分からない? だが、それがいい 東京メトロ全線立体化カプセルトイ登場!

一見なんだか分からない? だが、それがいい 東京メトロ全線立体化カプセルトイ登場!

すべて組み立てた状態の「東京地下鉄立体路線図 東京メトロ編」(画像:バンダイ)。

東京メトロ線の路線図が、立体的なカプセルトイになって登場しました。東京都心を行く地下鉄らしい複雑さ、高低差が印象的です。ただ発売元のバンダイによると、苦労や、心が折れそうになることもあったといいます。

構想から10年の年月を経て実現

 東京メトロ全9路線の立体路線図が、カプセルトイになりました。ひとつのカプセルに、立体の「路線」が1種類ずつ入っており、それを支える柱も付属。全種類あつめれば、全長およそ30cmにもおよぶ路線図が完成します。

 その名は「東京地下鉄立体路線図 東京メトロ編」。様々なアイデアが詰められたカプセルトイ業界でも、これはかなり斬新な部類かもしれません。地下鉄はただ地下を走っているようにも見えますが、地形やほかの路線との交差などで高低差があり、特に都心を行く東京メトロ線は顕著。このカプセルトイは、そうした「東京メトロ線」の特徴に注目した商品ともいえるでしょう。

 発売元であるバンダイの開発担当者は今回の商品化について、「いまから10年ほど前、食玩の企画担当をしていたときに、こんな商品があったら欲しいという思いから発案したものです。時を経て、設計に関する技術水準が上がったことなどから、商品化にこぎつけることができました」と話します。

 プロジェクトが具体的に動きだしてから、商品化まで約1年を費やしているそうです。設計は比較的早くできたものの、実際に形にする際、どのように300円という販売価格を実現するか、どのように路線を支えるか、どのように路線の重なりを表現するかなど、苦慮したといいます。

 バンダイの開発担当者によると、立体の各路線は高低差を表現するため、かなりデフォルメされているとのこと。そのため、路線を合体させようとしたとき、路線と路線がぶつかってしまい、そこを調整するのが困難だったそうです。

「都営地下鉄編」の発売もあり得る? 設計図は完成済み

 立体路線を支える「支柱」の設計にも工夫を凝らしたといいます。

「支柱は6つのパーツで13パターンの高さがつくれるようになっており、各カプセルに6パーツすべてが入っています。実はカプセル内部は、立体路線よりも支柱の部品が多いです。余分に支柱を入れているように見えるかもしれませんが、お客さまの遊びやすさを考えたものです」(バンダイ 開発担当者)

 ただ、各路線を組み立てるのは簡単ながら、9路線そろった“合体状態”にするのは、一筋縄ではいかないようです。バンダイの開発担当者によると、「最近は30分ほどでできるようになりましたが、初めてつくったときは4時間かかり、心が折れそうになりました(笑)」とのこと。

 この「東京地下鉄立体路線図 東京メトロ編」は、「前編」と「後編」にわかれての発売。路線がかぶって出てくる確率を減らすためだそうです。「前編」には5路線、「後編」には4路線が入っており、それぞれ1回300円(税込)。2018年1月24日(水)から順次、発売されています。

 なお、今回のカプセルトイは「東京メトロ編」ですが、2017年夏のイベントでバンダイは、都営地下鉄も組み合わせた「東京全地下鉄路線図」を展示。「都営地下鉄編」の商品化は決定していないものの、すでに設計図は完成しているそうです。

関連記事(外部サイト)