東海道新幹線に無料Wi-Fi導入へ N700A全車両が対象、2018年夏から順次 JR東海

東海道新幹線に無料Wi-Fi導入へ N700A全車両が対象、2018年夏から順次 JR東海

N700Aタイプ車両で運行される東海道新幹線「ひかり」(2016年9月、恵 知仁撮影)

JR東海が、東海道新幹線のN700Aタイプ全車両を対象に、無料Wi-Fiサービスを導入。このほか、特急「ひだ」にも無料Wi-Fiサービスを整備する計画です。

特急「ひだ」も無料Wi-Fiを整備

 JR東海は2018年1月25日(木)、東海道新幹線のN700Aタイプ全車両に、無料Wi-Fiサービス(公衆無線LAN無料サービス)を導入すると発表しました。

 現在、東海道新幹線を走るN700系やN700AタイプでWi-Fiサービスを利用するには、NTTドコモやソフトバンクテレコムなどの事業者との契約が必要です。

 今回はこれとは別に、事前の契約が不要で、かつ無料で利用できるサービスを新たに準備し、2018年夏から順次導入します。2019年度冬には全車両で整備を完了させる計画です。対象車両はJR東海が保有するN700Aタイプで、今後の投入予定分も含めて131編成2096両。新たなサービスは、従来のLCX(漏洩同軸ケーブル)を使用したものではなく、携帯電話の電波を使用したものを予定しています。

 また、高山本線を走る特急「ひだ」にも無料Wi-Fiサービスを導入します。キハ85系ディーゼルカー全80両を対象に、2018年夏から順次サービスを開始し、2018年度末までに整備を完了させる予定です。

 このほか、現在、東海道新幹線の6駅で提供している無料Wi-Fiサービス「JR-Central FREE Wi-Fi」を、同新幹線全17駅と在来線の中津川、木曽福島、下呂、高山、津、伊勢市など24駅(新幹線併設6駅を含む)に拡大。2018年3月のサービス開始に向け準備が進められます。

【画像】在来線駅も無料Wi-Fiの提供を拡大

関連記事(外部サイト)