高速道路で「ネコ捕獲中」 迷い込んだネコを数人がかりで ネコ以外の動物出没も?

高速道路で「ネコ捕獲中」 迷い込んだネコを数人がかりで ネコ以外の動物出没も?

「ネコ捕獲中」(2018年1月18日、まさし!さん〈@masashi812fukui〉撮影の写真を一部加工)。

パトロール車の電光掲示板に浮かぶ「ネコ捕獲中」の文字。大人数人がかりでネコの捕獲を試みる事態が、福岡都市高速上で起こりました。

一匹のネコを数人がかりで

 2018年1月18日(木)、福岡都市高速の月隈(つきぐま)出入口(福岡市博多区)付近で、パトロール車上方の電光掲示板にあらわれた「ネコ捕獲中」の文字。数人の職員が自動車専用道路に迷い込んだ一匹のネコを捕獲するべく出動する事態が起こりました。

 福岡都市高速を管理運営する福岡北九州高速道路公社は、「ネコが高速道路に出没することは、けしてめずらしいことではありません。月に1度くらいあります」と話します。

 なお今回のネコはその後、一般道にて走り去る姿が確認されたとのことです。

シカ出没はめずらしい

 ちなみに、過去に1度シカが出没したこともあるそうですが、福岡都市高速は比較的都市部にあるため、これは非常にめずらしいケースとのこと。

「イヌの捕獲を行うこともあります。ネコ、イヌ、シカ捕獲を知らせる電光掲示板表示はすぐに対応可能になっています」(福岡北九州高速道路公社)

 このほか福岡都市高速では、ネコのドット絵による注意喚起が行われることもあるそうです。

 福岡北九州高速道路公社は、「高速道路上にネコがいた場合、ドライバーはネコを避けるために急にハンドルを切ってしまうこともあり、それが事故につながる可能性があります。なによりも安心安全が第一ですので、そのような事故が起こらないようにしたいと考えています」としています。

【写真】福岡都市高速にネコ逃走中

関連記事(外部サイト)