中央環状線が渋滞緩和へ 首都高の堀切・小菅JCT間と板橋・熊野町JCT間が4車線に

首都高中央環状線の堀切・小菅JCT間と板橋・熊野町JCT間が4車線に 渋滞緩和に期待

記事まとめ

  • 首都高C2中央環状線の堀切・小菅JCT間と板橋・熊野町JCT間が4車線に拡幅される
  • 堀切・小菅JCT間内回りが25日から、板橋・熊野町JCT間が3月18日からと発表された
  • 短い区間で合流、車線減少、分岐が連続していたことから渋滞が多発していた

中央環状線が渋滞緩和へ 首都高の堀切・小菅JCT間と板橋・熊野町JCT間が4車線に

中央環状線が渋滞緩和へ 首都高の堀切・小菅JCT間と板橋・熊野町JCT間が4車線に

堀切・小菅JCT間内回り(下り)が、3車線から4車線に拡幅される(画像:首都高速)。

首都高C2中央環状線の堀切・小菅JCT間と板橋・熊野町JCT間が、相次いで4車線に拡幅されます。2か所とも、短い区間で合流、車線減少、分岐が連続していたことから渋滞が多発していました。

「2+2=3車線」が解消

 首都高速は2018年2月7日(水)、C2中央環状線の堀切・小菅JCT間内回りが25日(日)から、板橋・熊野町JCT間内回り・外回りが3月18日(日)から、それぞれ4車線に拡幅すると発表しました。

 現在、堀切・小菅JCT間約0.6kmは、中央環状線内回り2車線と6号向島線下り2車線が合流し、3車線に絞られたあと、小菅出口、6号三郷線下り2車線、中央環状線2車線に分岐しています。短い区間で合流、車線減少、分岐が連続することから渋滞が頻発している状況です。

 外回り(上り)は2001(平成13)年に4車線化工事が完了。内回り(下り)も車線を増やす工事が進められていました。

 板橋・熊野町JCT間約0.5kmも同様、中央環状線と5号池袋線が、内回り(上り)・外回り(下り)両方向とも、2車線と2車線が合流し、3車線に絞られたあと、2車線ずつに分岐する構造になっています。

 中央環状線の延伸に伴い交通量も増加。ここも車線減少と交通の交錯で渋滞が多発しており、高架の橋脚を大規模に改良するなどして3車線から4車線に増やす工事を進めていました。

 首都高速は、4車線化により渋滞の緩和や、車両接触、追突などの事故の減少などが期待できるとしています。

【図】板橋・熊野町JCT間外回りも4車線に

関連記事(外部サイト)