ホンダ「レジェンド」改良新型を発売 内外装デザイン一新

ホンダ「レジェンド」改良新型を発売 内外装デザイン一新

マイナーモデルチェンジした「レジェンド」のイメージ(画像:ホンダ)。

ホンダがフラッグシップモデル「レジェンド」をマイナーモデルチェンジして発売。

「ホンダ センシング」の機能を追加

 ホンダは2018年2月8日(木)、フラッグシップモデル「レジェンド」をマイナーモデルチェンジし、9日(金)に発売すると発表しました。

 外装はフロントグリルや前後バンパーを一新。ヘッドライト、テールライトのデザインも変更しました。内装はシートの形状を大幅に変えてホールド性と快適性を両立。インストルメントパネルを中心にシルバー加飾を変更するとともに、内装のカラーバリエーションを追加しています。インテリジェント・パワー・ユニット(IPU)を小型化しトランク容量を13L拡大したほか、パワートランクを採用し、使い勝手も向上させています。

 また、ボディー骨格の接着剤塗布範囲を拡大して剛性感を高め、ダンパー特性などのシャシーセッティングを変更。3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWDR」も進化させています。

 安全運転支援システム「ホンダ センシング」は、トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)をホンダ車として初搭載。高速道路などの渋滞時、0km/hから約65km/hまでの速度域で前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするよう、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をアシストし、ドライバーの運転負荷を軽減します。

 ボディーカラーは「スーパープラチナ・メタリック」「ギルデッドピューター・メタリック」に加え、新採用の「プラチナホワイト・パール」「モダンスティール・メタリック」「マジェスティックブラック・パール」「プレミアムディープロッソ・パール」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」「オブシダンブルー・パール」の全8色を設定。エンジンは3.5L V型6気筒直噴i-VTEC、トランスミッションは7速DCT、駆動方式は4WDです。

 消費税込みメーカー希望小売価格は707万4000円から。国内の販売計画台数は年間1000台です。

関連記事(外部サイト)