長崎・鹿児島に「京急電車」登場 路面電車を全面ラッピング

長崎・鹿児島に「京急電車」登場 路面電車を全面ラッピング

京急ラッピング車両のイメージ。上が長崎電気軌道1200形電車、下が鹿児島市電9000形電車(画像:京急電鉄)。

京急電鉄の2100形電車をイメージした全面ラッピング車両が、長崎電気軌道と鹿児島市電に登場します。

運行は約1年間を予定

 京急電鉄は2018年2月9日(金)、長崎と鹿児島の路面電車で、京急電車の全面ラッピング車両を運行すると発表しました。

 2018年11月に羽田空港国内線ターミナル駅が開業20周年を迎えることから、そのPRの一環として実施。羽田空港からの航空旅客数の多い長崎と鹿児島で、京急電鉄2100形のカラーリングを採用した路面電車を運行します。

 長崎市内を走る長崎電気軌道では、全面ラッピング車両が2月10日(土)から約1年間にわたり運行される予定です。車両は1200形電車1両を使用。運行区間は1号系統〜5号系統です。

 鹿児島市内を走る鹿児島市電では、2月20日(火)から約1年間にわたり運行予定。車両は9000形電車1両で、1系統・2系統を走ります。

 京急電鉄をイメージしたラッピング車両は、すでに大阪高速鉄道(大阪モノレール)や沖縄都市モノレール(ゆいレール)で運行中。京急電鉄は「今後も全国各地のモノレールや路面電車でラッピング車両を運行する予定」としています。

関連記事(外部サイト)