新駅「四十九駅」3月開業 廃止駅名が復活 伊賀鉄道

新駅「四十九駅」3月開業 廃止駅名が復活 伊賀鉄道

伊賀鉄道を走る200系電車「忍者列車」(画像:photolibrary)。

伊賀鉄道伊賀線の桑町〜猪田道間に「四十九駅」が開業します。この駅は一度廃止されていましたが、今回、同じ駅名で復活します。

桑町〜猪田道間に開業

 伊賀市(三重県)と伊賀鉄道は2018年2月16日(金)、伊賀線の桑町〜猪田道間に「四十九(しじゅく)」駅を3月17日(土)に開業すると発表しました。

 四十九駅は1945(昭和20)年に営業を休止し1969(昭和44)年に廃止されていましたが、今回、旧駅から約300m北の、桑町駅から0.7km、猪田道駅から1.5kmの位置に、同じ駅名で“復活”します。

 新駅は長さ47mのホーム1面で、待合スペース2か所やバリアフリー対応のスロープが設けられます。

 四十九駅には、上野市〜伊賀神戸間を走る全列車が停車。大人普通運賃は、伊賀上野駅から300円、上野市駅から200円、伊賀神戸駅から360円です。3月17日(土)はダイヤ変更が実施されるほか、新駅開業に際し出発式や記念入場券の販売などが行われる予定です。

【写真】開業に向けて工事が進む四十九駅

関連記事(外部サイト)