戦略爆撃機B-52「ストラトフォートレス」100年運用へ 初の実戦参加はベトナム戦争

記事まとめ

  • アメリカ国防総省は、老朽化した戦略爆撃機B-52のエンジンを新型に換装する予算を計上
  • B-52が空軍で運用が開始されたのは1955年で、これにより100年近くも現役となることに
  • 長寿命の秘密は戦争の変質で、近年はステルス性より純粋な爆撃機が求められている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております