南海難波駅の「大開口ホーム柵」、試験設置計画を変更

南海難波駅の「大開口ホーム柵」、試験設置計画を変更

「大開口ホーム柵」の設置イメージ(画像:南海電鉄)。

南海電鉄の難波駅に試験設置される「大開口ホーム柵」について、さらなる安全性向上を目的に、長さが当初計画から変更されることになりました。

1番線乗車ホームに設置

 南海電鉄は2018年2月21日(水)、難波駅(大阪市中央区)に試験設置する「大開口ホーム柵」について、さらなる安全性向上を目的に、長さを当初の2両分から6両分に変更すると発表しました。

 このホームドアはドア部を二重引き戸構造とし、開口幅を通常のものより広い最大3480mm確保することが可能です。高さは約1300mmで、ホームドアと車両のあいだの居残り検知機能や戸挟防止機能を備えます。メーカーは三菱重工交通機器エンジニアリングです。

 高野線の列車が発着する1番線乗車ホームに設置予定。運用開始は2019年3月を予定しています。

関連記事(外部サイト)