知識ゼロからわかる「青春18きっぷ」 買い方や使い方 基本ルールから「特例」まで

知識ゼロからわかる「青春18きっぷ」 買い方や使い方 基本ルールから「特例」まで

「青春18きっぷ」には5つスタンプを押す箇所がある。写真は消費税率改正前のもの。

「青春18きっぷ」は毎年春、夏、冬に発売され、JRの普通列車などが乗り放題となるきっぷですが、どこで買えるのでしょうか。基本的なルールは簡単、しかしさまざまな「特例」もあります。

春、夏、冬に発売

「青春18きっぷ」は毎年春、夏、冬にJR各社が発売する「企画きっぷ」のひとつです。

「青春18」というネーミングから、若い人しか使えないのではと思う人もいるかもしれません。そもそもどのようなきっぷなのでしょうか。

どんなきっぷ?

 横長のきっぷに、スタンプを押すところが5か所あります。1スタンプにつき1日ひとり有効で、次の列車、バスなどが乗り降り自由になります。

・全国のJR普通列車(特例区間ではこの限りではない。後述)
・宮城県と岩手県のJR東日本気仙沼線・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)
・広島県のJR西日本宮島フェリー
・JR線不通区間の代行バス(JRが指定したもの)

 その日に1枚のきっぷを複数人で使うことも可能です。5人で日帰り旅行をしてもいいですし、4人で利用し、余った1回分を後日ひとりで使う、といったこともできます。なお、「青春18」を名乗っていますが、購入や利用に年齢制限はありません。

発売期間と使用期間

「青春18きっぷ」はいつでも発売されているわけではありません。1年のうち、春、夏、冬の3期に発売されます。また、発売期間と利用期間が少しずれているため、「買ったもののすぐに利用できない期間」「利用したいけど買えない期間」があります。

●発売期間
・春季:2月20日〜3月31日
・夏季:7月1日〜8月31日
・冬季:12月1日〜12月31日

●利用期間
・春季:3月1日〜4月10日
・夏季:7月20日〜9月10日
・冬季:12月10日〜1月10日

「青春18きっぷ」の発売は、例年2月ごろにその年の3期分について、まとめて発表されます。

乗れるのは「普通」列車だけじゃない?

「青春18きっぷ」は、どこで買うことができ、どのように使うのでしょうか。

値段

 1枚の値段は1万1850円です。5つスタンプを押すところがあるので、ひとり(1日)あたりで計算すれば、2370円となります。たとえば、東京〜大阪間を在来線で移動した場合の通常運賃は大人8750円ですので、大幅に安く移動できます。

販売場所

 JR駅の「みどりの窓口」、指定券券売機のほか、おもな旅行会社などでも購入できます。指定券券売機で買う場合は、まず「おトクなきっぷ」をタッチ、いくつか表示されるきっぷのなかから「青春18きっぷ」の項目を選択します。なお、車内では購入できません。

使い方

 駅の改札で、駅員にスタンプを押してもらえば、その日1日利用できます。無人駅から乗車した場合は、乗務員に押してもらうことも可能です。駅を入出場する際は、有人改札で駅員にスタンプを見せて通過します。自動改札は利用できません。なお、複数人で利用する場合は、同日の使用者がいっしょに行動する必要があります。

 1スタンプは、ひとり「1日有効」ですが、乗車が翌日にまたがる場合は、0時を過ぎて最初に停車する駅までが有効です。ただし東京および大阪近郊の「電車特定区間」では、終電まで有効となります。この「電車特定区間」は細かく規定があるのですが、かんたんにいうと、東京近郊では南は大船(東海道本線)、西は高尾(中央本線)、北は大宮(東北本線)、東は千葉(総武本線)と覚えておくといいでしょう。大阪近郊では、南は和歌山(阪和線)、東は奈良(関西本線)、長尾(学研都市線)、北は京都(東海道本線)、西は西明石(山陽本線)です。

特急に乗れる「特例」区間も

「青春18きっぷ」で乗れる列車には、さまざまな種類があります。

乗れる列車

「青春18きっぷ」で乗車できるのは「普通列車」の「普通車自由席」ですが、これは運賃のみで乗車可能な列車と座席のことで、「快速」や「新快速」なども乗れます。特急料金が必要な新幹線や在来線特急、急行料金が必要な急行は、特急券や急行券を追加で購入しても乗車できません(特例区間を除く。後述)。

 一方、東京駅と大垣駅(岐阜県大垣市)のあいだを夜行で結ぶ臨時快速「ムーンライトながら」をはじめ、各地のSL列車やトロッコ列車、イベントに合わせて運行される臨時列車などに連結されている普通車指定席には、520円の指定席券を追加で購入すれば乗車できます。

 都市圏では通勤時間帯に「ホームライナー」なども運行されますが、こちらもライナー券や乗車整理券など所定の券を追加購入すれば乗車が可能。また、東海道本線や宇都宮線(東北本線)など、首都圏で運行されている普通列車はグリーン車を連結していることがありますが、こちらも自由席であれば、別途グリーン料金を支払うことで利用できます。ただし、グリーン車でも指定席の場合は乗れません。

普通列車以外に乗れる特例区間

 普通列車が運行されていないなどの理由で、「青春18きっぷ」で普通列車以外に乗れる区間があります。

●特急列車の普通車自由席に乗れる区間
・石勝線 新夕張〜新得間(北海道)
・奥羽本線 新青森〜青森間(青森県)
・佐世保線 早岐(はいき)〜佐世保間(長崎県)※2018年3月17日(土)から
・宮崎空港線 宮崎〜宮崎空港間(宮崎県)

 ただし特例が適用されるのは、上記の駅間のみを乗車した場合に限ります。たとえば奥羽本線の特急「つがる」に青森駅から新青森駅を越えて秋田駅まで乗車した場合、青森〜秋田間の乗車券と特急券を別途購入する必要があります。一方、佐世保線と宮崎空港線の特急は、上記の区間外にまたがって利用する場合、区間外の乗車券と特急券を別途購入すればOKです。このほか、一部の第三セクター線などを条件付きで利用できるといった特例もあります。

 ちなみに、「青春18きっぷ」のルーツは1982(昭和57)年「青春18のびのびきっぷ」で、翌年に「青春18きっぷ」へ改称。以来、毎年発売されています。かつては、1枚ずつ単独利用できる5枚セットのきっぷとして販売されましたが、1996(平成8)年春用から現在のように1枚のきっぷになっています。

【写真】昔の「青春18きっぷ」

関連記事(外部サイト)