新名神「高槻〜神戸」つながる クルマの流れどう変化 関西の渋滞名所、一気に解消か

新名神「高槻〜神戸」つながる クルマの流れどう変化 関西の渋滞名所、一気に解消か

中国道上り、宝塚西トンネル付近の渋滞。新名神の開通でこの区間が迂回可能に(画像:pixta)

新名神高速の川西IC〜神戸JCT間が2018年3月18日に開通し、高槻JCT/ICから神戸JCTまでがつながります。これにより、全国有数の渋滞区間がある名神高速と中国道の迂回路が完成。交通の流れはどう変わるのでしょうか。

「宝塚渋滞」回避で最大50分以上短縮

 新名神高速(新名神)の川西IC〜神戸JCT間16.9kmが2018年3月18日(日)に開通し、高槻JCT/IC〜神戸JCT間40.5kmがつながります。これにより、名神高速(名神)と山陽道・中国道を山間部経由で結ぶ迂回路が完成します。

 既存の名神・中国道ルートは、国土交通省が発表している2015年「IC区間別渋滞ワーストランキング」5位の西宮山口JCT〜宝塚IC間(上り)をはじめ、同7位の中国池田IC〜宝塚IC間(下り)、12位の大山崎JCT〜茨木IC間(下り)、15位の茨木IC〜大山崎JCT間(上り)、16位の宝塚IC〜西宮山口JCT間(下り)など、全国有数の渋滞区間がひしめきます。迂回路の完成で、クルマの流れはどう変わるのでしょうか。NEXCO西日本に聞きました。

――新名神高速の高槻JCT/IC〜神戸JCT間は、従来の区間と比較してどうちがうのでしょうか?

 高槻〜神戸間は名神・中国道ルートだと全日平均で32分を要しますが、新名神経由で26分に短縮される見込みです。ただ現状の名神・中国道ルートは特に、朝は下り宝塚東トンネル付近で、夕方は上り宝塚西トンネル付近(いずれも宝塚IC〜西宮山口JCT間)で混雑が発生しており、朝夕には高槻JCT〜神戸JCT間の通過に36分、休日朝夕の最大時には80分を要しますので、新名神の利用で最大50分以上の短縮効果が見込まれます。

――どのような人が利用するのでしょうか?

 大阪や神戸の市街地に用がなく、関西の東西を通過する交通について、名神・中国道ルートから新名神ルートへの転換が進むと考えられます。なお、神戸JCTは従来、中国道から山陽道が分岐する形でしたが、新名神の本線はまっすぐ山陽道に直結します。山陽道のほうが交通量が多いので、JCT部の混雑も緩和されるかもしれません。

宝塚渋滞、緩和なるか 開通効果は一般道にも

――宝塚のトンネルや中国池田IC、吹田JCT、茨木ICなどの渋滞は解消されるのでしょうか?

 既存の名神・中国道ルートに加え、新名神ルートにより「ダブルネットワーク」が形成されることで定時性の向上が期待され、名神・中国道ルートで起こる渋滞については、繁忙期においても大きく緩和されると考えています。

――今回の開通区間に直接関係しない場所でも渋滞緩和が見込まれるのでしょうか?

(名神と京滋バイパス、京都縦貫道が接続する)大山崎JCTや、吹田JCTから近畿道へと延びる渋滞など、今回の開通区間とは直接関係しない場所についても変化が予想されます。それだけでなく、既存の名神・中国道ルートに並行するような周辺の主要一般道も、流れが変わってくると考えています。新名神は山間部を通りますが、たとえば、高槻ICは国道171号という(名神に並行する)主要幹線道路にアクセス道路が通じていますし、茨木千提寺IC、川西ICも大きなバイパスに直結しているなど、新名神沿線と離れた地域からも利用しやすくなっています。

※ ※ ※

 NEXCO西日本管内における新名神の未開通区間は、大津JCTから高槻JCT/ICまでの京都・滋賀区間で、2024年の開通が予定されています。これにより新名神は、高槻JCTで名神に出入りすることなく大津・名古屋方面と直結し、おもに関西の東西を通過する交通が名神などの既存経路からこちらに転換されることで、さらに変化が訪れるとみられます。

 ちなみに、3月18日(日)の開通から8月31日(金)まで「開通割引」が実施されます。新名神の高槻IC、茨木千提寺IC、箕面とどろみIC、川西IC、宝塚北スマートICを入出し、おもに兵庫県以東のNEXCO西日本などが管理する各ICとのあいだを利用する車両について、高槻JCT/IC〜神戸JCT間の利用分を最大半額に割り引くというものです。たとえば高槻IC〜神戸三田IC間の利用であれば、普通車で1550円が850円になります。

関連記事(外部サイト)