「ジェイド」改良モデル、5月登場 「RS」は5人乗り仕様に ホンダ

「ジェイド」改良モデル、5月登場 「RS」は5人乗り仕様に ホンダ

「ジェイドRS」のイメージ(画像:ホンダ)。

ホンダが「ジェイド」のマイナーモデルチェンジに関する情報を発表。「RS」は2列5人乗り仕様に変更されるほか、新たに「スポーツ ハイブリッドi-DCD」を搭載した仕様も追加設定されます。

「ホンダ センシング」全タイプ標準装備

 ホンダは2018年3月8日(木)、ミニバン「ジェイド(JADE)」のマイナーモデルチェンジに関する情報を発表しました。

 2018年5月に予定されているマイナーモデルチェンジでは、1.5Lターボエンジンを搭載した「ジェイドRS」が2列5人乗り仕様に変更されるほか、新たに「スポーツ ハイブリッドi-DCD」を搭載した仕様も追加設定されます。

 安全運転支援システム「ホンダ センシング」は全タイプに標準装備。さらに「RS」専用色の「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック」や、ブラックルーフ仕様が追加されます。

関連記事(外部サイト)