離着陸回数向上へ 成田空港が誘導路整備を申請 東京五輪や訪日外国人増に備える

離着陸回数向上へ 成田空港が誘導路整備を申請 東京五輪や訪日外国人増に備える

誘導路整備と敷地拡大のイメージ図(画像:成田国際空港)。

成田国際空港が空港処理能力向上とその円滑運用のため、空港変更許可を国土交通省に申請しました。誘導路の整備や空港の敷地範囲拡大などが盛り込まれています。

2020年夏までに離着陸回数向上を目指して環境整備

 成田国際空港は2018年3月15日(木)、A滑走路北側に誘導路(ホールディングベイ)を整備する空港変更許可を国土交通大臣に申請したと発表しました。

 本整備の目的は、2020年の夏ダイヤまでに空港処理能力(離着陸回数)を向上させるため。東京オリンピック・パラリンピックや国際競争力強化、訪日外国人旅客のさらなる増加に向けて、時間当たりの処理能力を現行の68回から72回へ増やしたいとしています。

 申請概要は、誘導路の整備、空港敷地範囲の拡大、工事の完成予定期日の3つに分類されます。A滑走路北側に計画している誘導路は、離陸機の待機を目的とするもの。順番入れ替えなどに用いることもできます。新設する滑走路の長さは約560mです。

 誘導路整備に伴い、既存施設の移転先を確保するため、空港の敷地面積を約26ha拡大します。申請上の工事の完成予定期日は、2022年9月30日です。

 成田国際空港は、周辺環境に与える影響について自主的な調査を行いました。結果、工事中および新誘導路供用後における大気環境、水環境、景観に与える影響は小さいとしています。

関連記事(外部サイト)