「フェアレディZ Heritage edition」登場 「ZZZap」デザインをリメイク 日産

「フェアレディZ Heritage edition」登場 「ZZZap」デザインをリメイク 日産

「フェアレディZ Heritage edition」のイメージ(画像:日産)。

日産が「フェアレディZ Heritage edition」を発表。北米の「280Z スペシャルデコレーションパッケージ(ZZZap)」のデザインをリメイクします。

ボディカラーは全4色

 日産は2018年3月19日(月)、スポーツーカー「フェアレディZ」に「フェアレディZ Heritage edition」を追加し、5月11日(金)から発売すると発表しました。

「フェアレディZ」は、1969(昭和44)年に初代S30が発売。今回加わる「フェアレディZ Heritage edition」は、北米で1977(昭和52)年に登場した「280Z スペシャルデコレーションパッケージ(ZZZap)」のデザインをリメイクしたものです。当時人気を博したというレーシングストライプがデザインされます。

 インテリアは、ブラック色のステアリング、センターコンソール、シフトノブなどに、鮮やかなイエローが随所に加わります。専用シートには、イエローで「370Z」の刺繍が施されます。ボディカラーは、特別塗装色の「プレミアムアルティメイトイエロー」を含む、全4色です。

 駆動方式は2WD、エンジンは「VQ37VHR」を搭載。全国希望小売価格(消費税込み)は、6速MTが408万240円、7速M-ATxが415万8000円です。

【写真】イエローを随所にあしらったインテリア

関連記事(外部サイト)