大井町線で有料座席指定サービス開始へ 平日夜の急行・長津田行きで実施 東急

大井町線で有料座席指定サービス開始へ 平日夜の急行・長津田行きで実施 東急

東急大井町線の新型車両6020系電車。7両編成のうち1両が有料座席指定サービス車両として使われる(2018年2月、草町義和撮影)。

東急電鉄が、平日夜間の大井町線に有料座席指定サービスを導入します。新型車両の6020系電車を使用。列車7両編成のうち1両を、同サービスの車両として運用します。

新型6020系7両編成のうち1両をクロスシート転換車に

 東急電鉄は2018年3月26日(月)、大井町線・田園都市線で、2018年冬から有料座席指定サービスを開始すると発表しました。

 3月28日(水)に運行開始を予定している大井町線の新型車両6020系電車(7両編成)のうち1両を、ロングシート(窓を背にした座席)からクロスシート(進行方向を向いた座席)に転換できる車両に置き換えて、座席指定サービスの車両として運用します。座席数は40席ほどです。

 同サービスは、平日の19時30分から23時台のあいだに5本程度、大井町発・長津田行き急行列車で実施。サービス愛称は未定で、3月27日(火)から5月6日(日)まで東急電鉄ウェブサイトで募集されます。

 東急電鉄では、有料座席指定列車は、東横線で西武鉄道40000系電車を使った「S-TRAIN」をすでに運行していますが、平日夜間の通勤時間帯のサービスとしては、この大井町線の取り組みが初めてです。

関連記事(外部サイト)