「日本のたたずまい」を表現 JALが伊丹空港のラウンジを一新 

「日本のたたずまい」を表現 JALが伊丹空港のラウンジを一新 

リニューアル後の伊丹空港ダイヤモンド・プレミアムラウンジのイメージ(画像:JAL)。

伊丹空港のダイヤモンド・プレミアムラウンジが全面リニューアルされます。インテリアデザイナーに小坂 竜さんを起用し、「日本のたたずまい」を表現。サクララウンジもリニューアルされます。

日本の素材美を活かしながら現代的にアレンジ

 JAL(日本航空)が2018年3月29日(木)、伊丹空港のダイヤモンド・プレミアムラウンジとサクララウンジの全面リニューアルを発表しました。

 JALは2017〜2020年の中期経営計画において、タ?イヤモント?・フ?レミアラウンシ?の5空港への展開や、サクララウンシ?のリニューアルを掲け?てきました。伊丹空港て?は、2016年10月13日よりタ?イヤモント?・フ?レミアラウンシ?のサーヒ?スを開始。今回のリニューアルによって、より満足度の高い施設への拡充を図ります。

 ダイヤモンド・プレミアムラウンジのリニューアルは、現行のラウンジエリアを増床し、インテリアデザイナーに小坂 竜さんを起用。「『日本のたたずまい』をコンセプトとした、日本の素材美を活かしなか?ら現代的にアレンシ?した上質て?洗練された空間を提供します」としています。オープン時期は、2019年春を予定。同じ時期にサクララウンシ?もリニューアルオープンする予定です。

 なお、JALではそれそ?れの地域や文化を感し?させる空間を提供するため、各空港ラウンジのリニューアルを順次行っています。2018年春に那覇空港にタ?イヤモント?・フ?レミアラウンシ?を新規オープン。鹿児島空港と小松空港のサクララウンシ?もリニューアルオープンしました。夏には、松山空港のサクララウンジがオープンする予定です。

【写真】伊丹空港のサクララウンジもリニューアル

関連記事(外部サイト)