客室乗務員間の通信にヘッドセット型スマートデバイス JALが実証実験

客室乗務員間の通信にヘッドセット型スマートデバイス JALが実証実験

ワイヤレスオーフ?ンイヤーステレオヘット?セット『Xperia Ear Duo』の客室乗務員装着イメージ(画像:JAL)。

JALが客室乗務員の業務効率化などを目的として、機内での通信手段にヘッドセット型スマートデバイスを導入する実証実験を行います。航空業界では国内初の試みです。

機内サービスの品質向上に向けてIT技術を活用

 JAL(日本航空)が2018年4月11日(水)、機内での客室乗務員間の通信手段にヘッドセット型のスマートデバイスを活用する実証実験を開始すると発表しました。

 実証実験は、ソニーモハ?イルコミュニケーションス?の最先端技術を活用した、ワイヤレスオーフ?ンイヤーステレオヘット?セット『Xperia Ear Duo』を使用します。現在、客室乗務員間でのコミュニケーションは、固定されたインターフォンを使用するか、個々に口頭で伝達。しかし、同製品のク?ルーフ?チャット機能を使用することで、瞬時の情報共有が可能になり、業務の効率化と改善か?期待できるとしています。

 同製品はヘット?セットとワイヤレス接続したスマートフォンをヘ?ースに、客室乗務員の業務を想定した専用ソフトウェアを使用。作業の邪魔にならず、美観も損なわれない利点があります。
 
 機内における客室乗務員の業務効率化を目的とした、ヘット?セット型スマートテ?ハ?イス装着の実証実験は、航空業界て?国内初の試み。 JALは、「将来的には、業務に必要な情報提供ソリューションなと?、IT技術を通し?てさらなるサーヒ?スの進化を目指します」といいます。実証実験は、4月下旬から開始される予定です。

関連記事(外部サイト)