「定期普通列車を観光列車に」JR花咲線で減速運転や停車時間拡大、弁当販売など実施

「定期普通列車を観光列車に」JR花咲線で減速運転や停車時間拡大、弁当販売など実施

根室本線の厚岸〜糸魚沢間。ラムサール条約登録の別寒辺牛湿原を走る(画像:JR北海道)。

JR北海道が、根室本線の釧路〜根室間(花咲線)で「普通列車を観光列車にする取り組み」を開始。一部の普通列車で、減速運転やご当地弁当の出張販売、音声ガイド導入などを行います。

ラッピング車両も計画

 JR北海道は2018年4月12日(木)、根室本線の釧路〜根室間(花咲線)で、路線活性化のため「普通列車を観光列車にする取り組み」を開始すると発表しました。

 具体的には、毎日運転している一部の普通列車を対象に、見どころでの減速運転や音声案内、日本最東端の駅・東根室での停車時間拡大、ご当地弁当の出張販売、ラッピング車両の運行を行います。

 見どころでの減速運転と東根室駅での停車時間拡大は6月1日(金)から11月30日(金)まで実施。釧路8時18分発と根室8時22分発の普通列車が、厚岸〜糸魚沢間の別寒辺牛湿原と別当賀〜落石間の落石海岸で速度を30km/hに落とし、ゆっくりと走ります。東根室駅では約2分間停車し、記念撮影の時間を確保。対象列車は、終着駅の到着が現行より約1〜3分繰り下がります。

 6月1日(金)から通年にわたり、見どころ音声ガイドも導入。スマートフォン、タブレット端末向けアプリ「SkyDesk Media Trek」を立ち上げておくと、対象区間に差し掛かった際にGPSで位置を認識し、自動的に見どころの概要を音声で案内します。言語は日本語、英語、中国語、韓国語から選べます。

 同じく6月1日(金)から通年にわたり、厚岸、東根室、根室の各駅ではご当地弁当の出張販売を実施。タイエーの「焼きさんま寿司」(税込600円)、「やきとり弁当」(600円)、氏家待合所の「かきめし」(1080円)が、一部列車を対象に駅ホームで受け取れます。利用には弁当販売会社への事前予約が必要です。

 ラッピング車両は2018年秋ごろの運行開始を予定。キハ54形ディーゼルカーの車体に、花咲線沿線の見どころがデザインされる予定です。

関連記事(外部サイト)