島しょ奪還、実際どう上陸する? 陸自AAVこと水陸両用車 総火演に見るその手順

島しょ奪還、実際どう上陸する? 陸自AAVこと水陸両用車 総火演に見るその手順

12.7mm重機関銃の射撃を行う、人員輸送型のAAV(矢作真弓撮影)。

2018年の「総火演」こと「富士総合火力演習」に登場した、陸上自衛隊のAAVこと「水陸両用車」ですが、どういった場面での活用が想定されているのでしょうか。総火演での展示を元に解説します。

総火演の舞台を駆ける離島防衛の要

 毎年、静岡県御殿場市にある東富士演習場では、陸上自衛隊の実弾演習を見学することができる「総火演」が行われています。戦車などの装備品が実弾を射撃する場面を間近にみることができるため、来場者は年々増え続けています。

 陸上自衛隊最新装備品である「16式機動戦闘車」の登場に注目が集まった2018年の総火演ですが、実はもうひとつの目玉がありました。それが「AAV」こと「水陸両用車」です。

 AAVは、敵が占領する日本の離島に、奪還部隊を送り込むために陸上自衛隊に配備されました。沖合いに停泊する海上自衛隊の輸送艦から発進したAAVは、陸上自衛隊の水陸機動連隊の隊員を乗せ、上陸適地と言われる、上陸することができる砂浜などに向かって自ら航行しながら進んでいきます。上陸前には、敵からの攻撃を回避するために、発煙弾や発煙装置によって大量の煙を発生させて、自らの姿を隠しながら砂浜に接近していきます。

 ただし、敵も黙ってAAVの上陸を見ている訳ではありません。AAVの海上航行スピードは時速13km/h程度なので、洋上を進むAAVは敵からすれば良い的になります。そのため、AAVが上陸する前には、海空自衛隊による支援が必要になります。

 島しょ防衛をテーマに行われた総火演では、AAVの上陸前に、航空自衛隊のF-2戦闘機による対地攻撃が行われました。最初の目標は敵の対空火器です。対空火器は空を飛ぶ戦闘機やそのほかの航空機を攻撃するために設置される防空兵器です。敵がこれを装備していると、自衛隊の戦闘機などは、目標まで近寄ることができません。そのため、航空自衛隊のF-2戦闘機は、対空火器の射程圏外から精密誘導爆弾を投下して、対空火器を攻撃します。実は、この精密誘導爆弾を誘導する陸上自衛隊の部隊も存在します。それが火力誘導班です。

上陸作戦といえばノルマンディー

 火力誘導班は、水陸機動連隊の偵察部隊とともに、偵察ボートなどに乗って、AAVの上陸に先行して目標地点へ隠密に上陸します。そして、敵の対空火器の位置を特定したのちに、火力誘導装置によって、F-2戦闘機が放つ精密誘導爆弾を誘導します。

 こうして、敵の対空火器の破壊を確認したのちに、F-2戦闘機は、通常爆弾を使用して、敵の地上部隊にピンポイント攻撃を仕掛けます。

 これらの攻撃で、ある程度の敵勢力を叩いたら、次は海上自衛隊の護衛艦などによる艦砲射撃が行われます。

 海上自衛隊の護衛艦は、沖合いに停泊しています。陸上自衛隊の偵察部隊が敵の陣地に関する情報を収集して、護衛艦にその情報を提供します。偵察部隊から得られた情報を元に、護衛艦は搭載する単装砲などから射撃を開始して、敵部隊にダメージを与えます。こうして、敵がある程度弱まってから、AAVは上陸を開始します。

 つまり、AAVとは、敵の攻撃を受けながら真正面から上陸するのではなく、味方部隊によって攻撃された比較的安全な場所に向かって上陸するのです。

 第二次世界大戦を題材とする映画などで描写される「ノルマンディー上陸作戦」では、上陸を目指す連合軍の舟艇にドイツ軍が猛攻を仕掛け、多くの死傷者が発生しました。陸上自衛隊はAAVを上陸させる前に、味方部隊による掩護射撃を行ってから上陸することを想定していますので、映画のように上陸後に敵から集中砲火を受ける可能性は低くなっています。

運用の場は新設されたばかりの水陸機動団

 比較的安全とはいうものの、まだ敵の脅威が完全に取り払われたわけではありません。遠距離からの攻撃では、隠れている敵や、敵の陣地の細部情報を掴むことはできません。そのため上陸を果たしたAAVは、車内に乗っている水陸機動連隊の隊員たちを砂浜に下ろします。その後、自らが装備する40mmてき弾銃や12.7mm重機関銃を使用して、残る敵部隊に攻撃を加えます。下車した水陸機動連隊の隊員たちは、AAVの掩護を受けながら前進して、目標地域の奥深くまで進んでいきます。

 実はこの時、海から上陸を果たす水陸機動団の反対側では、空から上陸を果たす部隊があります。それが、第1空挺団です

 第1空挺団は、習志野駐屯地(千葉県習志野市)に所在する日本で唯一のパラシュート部隊です。水陸機動団が海から上陸するかたわら、ほぼ同じ時期に空挺団は空から上陸します。こうして、敵部隊を挟み撃ちにして、奪われた島を奪還するのです。

 このAAVを運用しているのが、相浦駐屯地(長崎県佐世保市)に所在する水陸機動団です。水陸機動団は2018(平成30)年に発足したばかりの部隊で、AAVを駆使しつつ、偵察ボートや航空機を使用して、敵が占領する離島へ海から上陸を果たす切り込み部隊です。筆者(矢作真弓:軍事フォトジャーナリスト)はこれからも、水陸機動団の動向に注目していきます。

【写真】荒波を突き進むAAV、海岸での実際の様子

関連記事(外部サイト)