北海道地震、主要交通機関の状況 2018年9月6日午前11時現在

北海道地震、主要交通機関の状況 2018年9月6日午前11時現在

2018年9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振地方中東部を中心に最大震度6強の地震が発生(国土地理院の地図を編集部で一部加工)。

9月6日未明に発生した北海道地震について、道内の主要交通状況をとりまとめました。

最大震度6強を観測

 2018年9月6日(木)午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方中東部を中心に最大震度6強の地震が発生しました。

 6日11時現在の、北海道内各主要交通機関の状況は以下の通りです。

鉄道

 JR北海道は地震に伴う停電の影響により、当面のあいだ全道で運転を見合わせているとのことです。加えて停電のため、同社公式サイトも更新ができない状況となっています。また、北海道新幹線は上り東京方面、下り新函館北斗方面ともに、新青森〜新函館北斗間で全列車が運休しています。

航空

 新千歳空港は6日発着の全便を運休すると発表、ターミナルビルも閉鎖するとのことです。そのほかの道内の各空港便についても、一部の運航便で欠航、遅延、条件付運航が発生、空港へのアクセスにも障害が見られます。たとえば旭川空港やとかち帯広空港においては、航空便については遅れが見られるもののおおむね通常通り運航されていますが、空港連絡バスなどに運休が生じているもようです。

 JAL(日本航空)、ANA(全日空)は今後も、北海道内を発着する便に遅延や欠航など運航への影響が発生する可能性があるとしており、運航への影響が見込まれる便については、搭乗予定便の変更(振替)や払い戻しを受け付けるとしています。

高速道路

 NEXCO東日本によると6日11時00分現在、下記の道内各所で通行止めが発生しています。

・道央道 上り/下り 江別西IC〜登別東IC
・日高道 上り/下り 全区間
・札樽道 上り/下り 札幌西IC〜札幌JCT
・道東道 上り/下り 千歳恵庭JCT〜占冠IC

※ ※ ※

 各交通機関を利用する際は、最新の情報を確認してください。

【写真】地震発生17分で三沢を離陸、空自F-2

関連記事(外部サイト)