JALとガルーダ、包括的な業務提携に合意 東南アジア路線網拡充へ 羽田〜マニラ線も

JALとガルーダ、包括的な業務提携に合意 東南アジア路線網拡充へ 羽田〜マニラ線も

提携の合意文書を交わしたJALの藤田副社長と、ガルーダのマンスリ社長兼CEO(2018年9月6日、恵 知仁撮影)。

JALとガルーダが提携に合意し、2018年10月よりコードシェアを開始。マイレージプログラムの提携も含む関係強化が今後、進められていく予定です。またJALは、羽田〜マニラ線も新規開設。「東南アジアネットワーク」が拡充されます。

ワンワールドが弱い東南アジアネットワークを拡充

 JAL(日本航空)と、インドネシアの国営航空会社であるガルーダ・インドネシア航空が2018年9月6日(火)、包括的な業務提携に合意。ガルーダ本社で、合意文書に署名しました。

 現在、ガルーダはANA(全日空)と提携していますが、JALとも提携する形です(アライアンスは、JALがワンワールド、ガルーダがスカイチーム、ANAがスターアライアンスと全て別)。このたび文書に署名したJALの代表取締役副社長である藤田直志さんによると、ワンワールドは東南アジアや東アジアが弱いことから、こうした提携を考えていたとのこと。

 JALとガルーダは、10月28日(日)より両社が運航する日本〜インドネシア線と、JALが運航する日本の国内線および日本以遠の北米線、ガルーダが運航するインドネシア国内線の一部でコードシェア(共同運航)をスタート。将来的に、コードシェア便を拡大していくとのこと。そしてマイレージプログラムの提携などを含む関係強化を行い、将来的には共同事業の実施を目指していくといいます。

 10月28日(日)に始まるコードシェアの対象路線は以下の通りです。

・JAL運航便
成田〜ジャカルタ/成田〜ニューヨーク、ロサンゼルス/羽田〜新千歳、中部、福岡

・ガルーダ運航便
羽田〜ジャカルタ/成田〜デンパサール/ジャカルタ〜スラバヤ、ジョグジャカルタ

 JALは現在、海外の航空会社との提携を拡大しており、2018年3月には、それまでANAと提携していたハワイアン航空とのコードシェアを開始したほか、今後もアエロメヒコ(メキシコ)やアエロフロート(ロシア)などとのコードシェアを予定しています。

 またJALはこの9月6日(木)、羽田〜マニラ線の新規開設も発表しました。ボーイング737-800型機を用い、2019年2月1日から毎日1往復の運航。東南アジアネットワークの拡充が進められます。

【路線図】JALとガルーダのコードシェア路線図

関連記事(外部サイト)