民間初 京急バスがトヨタの燃料電池バス「SORA」導入 お台場地区で運行へ

民間初 京急バスがトヨタの燃料電池バス「SORA」導入 お台場地区で運行へ

京浜急行バスでのカラーリングイメージ(画像:京浜急行バス)。

京浜急行バスが、民間事業者として初めて、トヨタの燃料電池バス「SORA」を導入。船の科学館線で使用する計画です。

2019年春ごろ運行開始予定

 京浜急行バスは2018年9月6日(木)、トヨタのFC(燃料電池)バス「SORA(ソラ)」を民間事業者として初めて導入し、2019年春から東京・お台場地区で運行を開始すると発表しました。

「SORA」は水素と空気中の酸素の化学反応で発生した電気を動力とするため、走行時に二酸化炭素や環境負荷物質を排出しない特長があります。

 京浜急行バスはこの車両1台を大森営業所に導入。JR大森駅(東京都大田区)から東京港トンネルを経由し、お台場地区(フジテレビ前、東京テレポート駅など)までを結ぶ船の科学館線で使用する予定です。同社は実際の路線バスでの運用を通じて、性能や利便性を検証し、2台目以降の導入を検討していくとしています。

 なお、東京都交通局では「SORA」を3台導入し、2018年3月から東京駅と東京ビッグサイトを結ぶ系統で使用しています。

※一部修正しました(9月7日16時30分)。

関連記事(外部サイト)