関空の鉄道再開は4週間後めど 道路橋の損傷部分はおおむね2週間で撤去へ 国交省方針

国土交通省が関西空港の早期復旧対策プランを発表 鉄道の運転再開は4週間後めどに

記事まとめ

  • 国土交通省が9月7日、関西空港の「早期復旧等に向けた対策プラン」を発表した
  • 台風21号で被災した関西空港のA滑走路は9月中旬をめどに暫定的に再開させる
  • 損傷した道路橋は2週間で撤去、鉄道の運転はおおむね4週間で再開させたい方針という

関空の鉄道再開は4週間後めど 道路橋の損傷部分はおおむね2週間で撤去へ 国交省方針

関空の鉄道再開は4週間後めど 道路橋の損傷部分はおおむね2週間で撤去へ 国交省方針

大阪府泉佐野市のりんくうタウンと関西空港を結ぶ連絡橋。「スカイゲートブリッジR」の愛称が付いている。写真はイメージ(画像:写真AC)。

国土交通省が関西空港の「早期復旧等に向けた対策プラン」を発表。連絡橋の復旧対応についての方針を示しました。

2週間をめどに道路橋の復旧時期を確定へ

 国土交通省は2018年9月7日(金)、台風21号で被災した関西空港について、政府のタスクフォース(任務部隊)が取りまとめた「早期復旧等に向けた対策プラン」を発表しました。

 空港は7日(金)からB滑走路の運用が再開。プランの骨子によると、さらに9月中旬をめどにA滑走路の運用を暫定的に再開させ、以降、国内線、国際線ともに発着回数を順次回復させていく方針です。本格的に復旧するまで、伊丹、神戸、中部などへの振り替えも想定します。

 タンカーが衝突して損傷した連絡橋は、利用できる反対側の道路橋(上り線)を使って7日(金)から対面通行を実施。ただし交通の容量が限られるため、鉄道が復旧するまでは一般車両の通行を禁止して、対象を緊急車両やバスなどに制限します。

 損傷を受けて鉄道部分に寄りかかった道路橋はおおむね2週間で撤去し、復旧時期を確定。撤去後は鉄道橋の修復に速やかに着手し、不通になってからおおむね4週間で空港アクセス鉄道の運転を再開させたい方針です。鉄道復旧後は交通需要を踏まえて、通行車両規制の段階的な解除を検討します。

※誤字を修正しました(9月7日16時20分)

関連記事(外部サイト)