明石駅3・4番のりばに「昇降式ホーム柵」設置へ JR西日本

明石駅3・4番のりばに「昇降式ホーム柵」設置へ JR西日本

昇降式ホーム柵の設置イメージ。写真は高槻駅(画像:JR西日本)。

JR山陽本線(JR神戸線)の明石駅に、昇降式ホーム柵が設置されます。

2020年春ごろ使用開始予定

 JR西日本は2018年9月7日(金)、山陽本線(JR神戸線)の明石駅(兵庫県明石市)に昇降式ホーム柵を新たに設置すると発表しました。

 ホームは、おもに特急や新快速列車が発着する3・4番のりばです。昇降式ホーム柵は水平に張られたロープが上下に動くタイプ。高さは約1.3m、最大開口幅は約13m、長さはひとつののりばあたり約240mです。国、兵庫県、明石市の協力のもと整備が進められます。使用開始は2020年春ごろの予定です。

 JR西日本は2022年度までに、山陽新幹線、大阪環状線、JR京都線、JR神戸線などの35駅(約90のりば)にホーム柵を整備もしくは整備着手していく方針です。

 その後も、乗降10万人以上の駅や、同程度に優先度が高い駅を対象に、整備を進めていくとしています。

関連記事(外部サイト)