ロシア軍機伝統芸「トウキョウエクスプレス」とは 冷戦期以来の定番コース、目的は?

ロシア軍機伝統芸「トウキョウエクスプレス」とは 冷戦期以来の定番コース、目的は?

2018年9月1日に日本近海を飛行した、ロシア軍のTu-142哨戒偵察機(画像:統合幕僚監部)。

空自機によるロシア機へのスクランブルは珍しいものではありませんが、9月1日のロシア機による飛行ルートは、日本列島をぐるりと一周するものでした。大迷惑もいいところですが、どのような飛行機が、なんのためにそのようなことをするのでしょうか。

ロシア機が日本をぐるりと周回

 防衛省は、2018年9月1日(土)にロシアのTu-142哨戒機2機がオホーツク海から日本海を南下し、対馬海峡を通過して、沖縄を回って太平洋方向に東進し、今度は伊豆諸島近くを北上して本州を掠め、国後島付近を通って樺太方向に飛行したと発表しました。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進して行動を監視しましたが領空侵犯、危険行動は確認されませんでした。公表された行動概要を見るとTu-142は日本をぐるりと周回飛行したことがわかります。

 ロシア機の飛行パターンに「トウキョウエクスプレス」と呼ばれるものがあります。戦後から1990年代まで続いた冷戦時代にソ連の軍用機が日本周辺を偵察飛行し、東京まで近づくコースが多かったことから在日アメリカ空軍が呼び始めたと言われています。わざと防空識別圏(領空ではない)に侵入し、航空自衛隊や在日アメリカ軍の対応の能力、電子情報を収集するほか、政治的な示威行動の場合もあります。9月1日の周回飛行は翌日の9月2日(日)がロシアの対日戦勝記念日であったことと関係があるのかもしれません。

「トウキョウエクスプレス」は、房総沖まで太平洋を南下してUターンして戻っていくパターンが多く、9月1日のように周回飛行するパターンは珍しいです。また長距離飛行任務になるのでTu-95戦略爆撃機(NATOコードネーム「ベア」)系列の大型機が使われることが多く、今回のTu-142もTu-95の哨戒偵察機型です。

そのルーツは日露戦争時代に

 一方で対応する航空自衛隊も大変です。スクランブル待機している戦闘機基地は千歳基地(北海道)、三沢基地(青森県)、百里基地(茨城県)、小松基地(石川県)、築城基地(福岡県)、新田原基地(宮崎県)、那覇基地(沖縄県)の7つの基地ですが、Tu-142が日本列島に沿うように飛行するので、飛行進路に沿ってこれらの基地から順番に戦闘機をスクランブルさせねばならないのです。大変迷惑な話ですが、敵対行動や領空侵犯しなければ国際法上問題はなく、頭の痛いところです。

 防空識別圏に侵入した国籍不明機に対しては、航空自衛隊機の戦闘機が緊急発進(スクランブル)し、領空に侵入しないように監視しますが、2016年の緊急発進回数は冷戦期を越えて過去最高で1168回を数え、うち中国機に対するものは851回、ロシア機に対するものは301回。2017年は904回に減りましたが中国機に対しては500回、ロシア機に対しては390回となり、ロシア機への回数はここにきて再び増加しています。

「トウキョウエクスプレス」は戦後の1970年台が一番活発だったそうですが、実は明治時代の日露戦争時にも「トウキョウエクスプレス」があったのです。日露戦争の海戦といえば日本海軍がバルチック艦隊を破った日本海海戦が有名ですが、実はロシアのウラジオストク艦隊は東京湾すぐ近くまで進出して、日本に向かう船を沈めたり拿捕したりする通商破壊戦を行っていたのです。1904(明治37)年6月15日には陸軍の輸送船2隻撃沈、1隻大破という「常陸丸事件」が起き、7月には津軽海峡沖で商船2隻を撃沈した後、東京湾沖にまで進出して商船4隻撃沈、1隻を拿捕するという大胆さでした。しかも迎撃(スクランブル)した日本艦隊はロシア艦隊を補足できず、帝都の入口の制海権さえ危ういということで当時の帝国議会は政府と海軍への責任追及で紛糾したとされています。

変わらぬロシア機、変わりゆく空自機

 明治時代は、相手を見つければ大砲の撃ち合いになりましたが、21世紀の「トウキョウエクスプレス」対応ではいきなり交戦とはなりません。しかし、戦闘機にはミサイルや機銃弾の実弾を装填しており、ロシア機も武装しています。お互いに相手の出方を探り合う緊張は変わりません。スクランブル任務では肉眼で目標を確認して写真撮影することが原則ですので、かなり接近しなければなりません。雲の無い蒼空を飛行する二重反転プロペラ4発という特徴的な外見を持つ大型機Tu-142を目視できるまで近づくと、かえって心が落ち着くこともあるそうです。ロシア機からも乗員がこちらの写真を撮ったり、手を振ったりする姿を見られることもあるといいます。

 Tu-142、Tu-95という機体は1956(昭和31)年から使われている長寿機で「トウキョウエクスプレス」の常連です。一方「出迎える」日本の戦闘機はF-86、F-104、F-4EJ、F-2、F-15Jと世代交代し、もうすぐF-35Aが加わろうとしています。こうして機体列伝を見ても「トウキョウエクスプレス」の歴史がわかります。東京から指呼の先にある高空で、実弾を抱えた日本の戦闘機と外国機が「せめぎあい」をしていることを我々が感じることはありませんが、遠い世界ではないことは確かです。

【図解】「防空識別圏(ADIZ)」とは?

関連記事(外部サイト)