JALバンクーバー線が50周年 アジアの航空会社初の太平洋ノンストップ横断

JALバンクーバー線が50周年 アジアの航空会社初の太平洋ノンストップ横断

バンクーバー国際空港で開催された50周年記念セレモニー(2018年9月10日、恵 知仁撮影)。

JALが東京〜バンクーバー線の開設50周年を記念し、バンクーバー国際空港でセレモニーを実施。その機内は「カナダの縮図」のようでもあるそうです。

始まりはダグラスDC8-55型機

 JAL(日本航空)が2018年9月10日(月)午後(日本時間11日朝)、カナダのバンクーバー国際空港(YVR)で、東京〜バンクーバー線の開設50周年を記念したセレモニーを実施しました。

 1968(昭和43)年の9月11日、JALはダグラスDC8-55型機を使い、東京(羽田)〜バンクーバー〜サンフランシスコ間の運航を週2往復で開始。アジアの航空会社で初めて、太平洋をノンストップで横断する路線でした(東京への便は途中、アンカレッジで給油)。現在、JALは毎日1往復、ボーイング787-8型機で成田〜バンクーバー間の直行便を運航しています。

 記念セレモニーは、バンクーバー国際空港を9月10日(月)の14時15分(日本時間11日朝6時15分)に出発する成田行きJL17便の搭乗口で開催され、JALの米州地区支配人である森岡清人さん、バンクーバー空港公団のクレイグ・リッチモンド社長、ジョセフ・カロン取締役が挨拶。東京〜バンクーバー線の歴史を記したパネルや、往時の機内案内といった資料の展示、ケーキやドリンクの振る舞いも行われたほか、同便の乗客には記念品の箸、搭乗証明書がプレゼントされました。

バンクーバー線がらみで、カナダ移民の相談を受け付けていたJAL

 JALの成田〜バンクーバー線、その特徴のひとつに、日本人以外の利用も多いことが挙げられるそうです。

 アジア〜北米間の移動にあたって、成田もしくはバンクーバーでほかの路線に乗り継ぐ中国やインドネシア、フィリピン、インドなどを目的地、出発地とする乗客が少なくなく、日本人以外で乗客の過半数を占めることもあるとのこと(JALは、カナダの代表的な航空会社のひとつであるウエストジェットとコードシェアしている)。

 またカナダは、「移民国家」とも表現される国。成田〜バンクーバー線にはさまざまな出自の利用者が見受けられ、機内は「カナダの縮図」のようでもある、といいます。バンクーバー線を古くから運航するJALはかつて香港で、移民相談を行っていたことがあるそうです。

 JALは中期経営計画で「国際線旅客海外販売額比率50%」を掲げているため、将来はこのバンクーバー線のような風景が、JAL国際線では普通になっていくかもしれません(2016年度は30%強)。

JAL 東京〜バンクーバー線の歴史

1968(昭和43)年9月11日:開設。東京〜バンクーバー〜サンフランシスコ間をDC8-55型機で週2往復。
1972(昭和47)年4月3日:東京〜バンクーバー〜メキシコシティ線を開設。DC8-62型機で週3往復。
1975(昭和50)年4月2日:ボーイング747型機が東京〜バンクーバー〜メキシコシティ線に就航。週3往復。
2004(平成16)年10月1日:ボーイング747-400型機が就航。
2010(平成22)年1月15日:バンクーバー〜メキシコシティ間を廃止。
2010(平成22)年10月31日:ボーイング777-200ER型機が就航。
2011(平成23)年3月27日:ボーイング767-300型機が就航。
2014(平成26)年3月30日:ボーイング787-8型機が就航。

関連記事(外部サイト)