JR青梅線の愛称「東京アドベンチャーライン」に 自然楽しむ路線をPR

JR青梅線の愛称「東京アドベンチャーライン」に 自然楽しむ路線をPR

愛称「東京アドベンチャーライン」のロゴ。JR青梅線の青梅〜奥多摩間に設定される(画像:JR西日本八王子支社)。

JR東日本八王子支社が、青梅線・青梅〜奥多摩間の新愛称を発表。自然のなかでアウトドアやアクティビティを楽しむ路線としてPRしていくといいます。

愛称は青梅〜奥多摩間に設定

 JR東日本八王子支社は2018年9月14日(金)、東京西部を走る青梅線の青梅〜奥多摩間について、愛称を「東京アドベンチャーライン」と決定し、アウトドアやアクティビティを楽しむ路線としてPRを開始すると発表しました。

 愛称について同支社は「駅を降りてすぐに本格的な自然やアウトドアを楽しめる青梅線の魅力を『アドベンチャー』というワクワクする言葉で表現し、さらに『東京』を組み合わせることで東京都の一部である身近さ、アクセスの良さを強調しています」と紹介。青梅線の青梅〜奥多摩間は「新宿から奥多摩まで快速で90分、首都圏でありながら、気軽に自然の中で、アウトドア・アクティビティを楽しむことができ、どなたでも冒険に踏み出せるエリアです」としています。

 ロゴは青梅線に縁のあるクリエイターから募集し、地域の人とJR東日本八王子支社の投票により、青梅市在住の沼倉智弓さんの作品に決定。10月13日(土)からこのロゴのヘッドマークを取り付けたE233系電車が、立川〜青梅〜奥多摩間を走ります。

 御嶽駅(東京都青梅市)と奥多摩駅(同・奥多摩町)では、多摩産の木材を使用して駅舎をリニューアル。御嶽駅ではレンタサイクルや待合室が、奥多摩駅は待合室のほか靴洗い場や更衣室、カフェなどがそれぞれオープンする計画です。

 このほかにも、ラフティングやハイキングといったアクティビティを盛り込んだ日帰りツアーの開催や、第80回奥多摩渓谷駅伝競走大会(12月2日開催)への協賛などの取り組みも予定されています。

※誤字を修正しました(9月14日20時10分)。

【画像】ロゴのヘッドマークを掲げた青梅線電車

関連記事(外部サイト)