ANAのA380初号機、初飛行に成功 「空飛ぶウミガメ」仏から独へ エアバス

ANAのA380初号機、初飛行に成功 「空飛ぶウミガメ」仏から独へ エアバス

ANAのA380型機が初飛行に成功(画像:エアバス)。

ANAが発注したエアバスA380型機の初号機が、フランスからドイツへの初飛行に成功しました。

独で客室装備と塗装へ

 エアバスは2018年9月18日(火)、ANA(全日空)のA380型機の初号機が初飛行に成功したと発表しました。

 飛行ルートは、仏トゥールーズから独ハンブルクまでです。今後、ハンブルクにあるエアバスの工場で、客室設備の装備や機体塗装の準備に入ります。

 A380型機は現在、世界の14社が229機を運航しています。ANAホールディングスは2016年、A380型機を3機発注しました。エアバスからANAへの引き渡しは2019年春に行われ、その後、東京とホノルル(米ハワイ)を結ぶ路線に就航する予定です。ANAはA380型機を運航する日本で初めての航空会社になります。

 A380型機は世界最大を誇る総2階建ての旅客機です。ANAは、ドアを装備した日本初の個室型ファーストクラスなど全520席を設定。機体デザインは、ハワイで神聖な生き物とされるウミガメをモチーフにしたもので、「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU」が愛称として付けられます。

関連記事(外部サイト)