海外で緊急事態、日本人どう保護? 自衛隊の重要任務「邦人救出」 訓練にC-2初参加

海外で緊急事態、日本人どう保護? 自衛隊の重要任務「邦人救出」 訓練にC-2初参加

自衛隊の任務のひとつが、海外で緊急事態に巻き込まれた邦人の保護。万一の事態に備え訓練が重ねられている(菊池雅之撮影)。

日本人が海外滞在中に災害や戦争などに巻き込まれた場合、自衛隊の救出活動はどのように行われるのでしょうか。他国の軍隊と比べ行動に制限がある自衛隊の、これまでの対応と変革、2018年現在の現状について、最新の訓練の様子を交え解説します。

日本人を守る輸送任務

 海外旅行先で、大震災やクーデター、大規模暴動、そして戦争に見舞われるような事態を考えたことはあるでしょうか。言葉も文化も違う国で、ただでさえ不安な中、命が脅かされる危険すらあるのです。こうした緊急事態に陥った場合、我々はどうしたら良いのでしょうか。

 実は、軍隊には、政情不安や危機的状態に陥った国に赴き、自国民を助け出し、安全に母国へと連れて帰るという任務があります。それがNon-combatant Evacuation Operations、略してNEOです。日本語では、「非戦闘員退避活動」などと訳されています。

 これは自衛隊にも与えられている任務です。2007(平成19)年からは、本来任務に位置づけられました。ただし防衛省では、「非戦闘員退避活動」とは言わず、「在外邦人等輸送」(後に改称)とし、英語表記も、NEOではなく、Transportation of Japanese Nationals Overseasの頭文字を取ったTJNOとしていました。新聞やテレビでは「邦人輸送」と呼称していたので、こちらで広く知られているかと思います。

 自衛隊法84条の3には、「外国での災害、騒乱、その他緊急事態が発生した場合、その国にいる邦人を安全なところまで輸送する(要約)」と明記されています。外務大臣の要請に応じ、自衛隊が在外邦人を安全な国や日本まで輸送する任務です。

これまでの輸送実績と変革

 1997(平成9)年、カンボジアで武力衝突が起き、同国に取り残された邦人を助けるため、防衛庁(当時)・自衛隊は外務大臣の要請に基づきC-130輸送機をタイへと派遣しました。これが自衛隊に対し、「邦人輸送」を命じた初のケースとなりました。幸いなことに、現地が沈静化したため、実際に「邦人輸送」は行いませんでした。

 続いて、1998(平成10)年にインドネシアで暴動が発生したため、C-130輸送機をシンガポールへと派遣しました。こちらも実際に邦人を輸送することなく事態は収まりました。

 2003(平成15)年よりイラク派遣が開始され、自衛隊が宿営地を設けたサマワには多くの報道陣が詰めかけました。2004(平成16)年4月、宿営地のそばに迫撃砲弾が落下。さらに日本人3名が武装勢力に拉致される事件が発生しました。これを受けて10名の記者をイラクからクウェートまで輸送し避難させました。これが初の「邦人輸送」となりました。

 2013年、日本を震撼させる事件がアフリカのアルジェリアで発生します。同国の石油プラントが武装集団に襲撃され、不幸にも現地で働く日本人が巻き込まれました。残念ながら、10人が殺害されるという最悪な結果となりました。日本政府は、政府専用機を派遣し、7名の生存者とご遺体を日本へと輸送しました。

 この事件まで、邦人輸送に用いられる手段は、航空自衛隊の輸送機か海上自衛隊の護衛艦とされてきました。しかし、武装集団に包囲されたような場所から、民間人が安全な場所まで自力で脱出は不可能であることから、新たに陸上自衛隊の車両を用いた陸上輸送が加えられることになりました。

 さらに在外邦人の生命と財産を守るため、法整備も進みます。2015年9月19日、「平和安全法制」が国会で可決されました。これを受けて、「在外邦人等輸送」は、「在外邦人等保護措置」へと生まれ変わります。邦人輸送をより安全確実なものとするため、輸送だけでなく、武器を使用しての警護や救出も認められました。より安全に邦人の生命と財産を守ることができるようになったのです。

 これにともない、防衛省は、英語表記も「TJNO」から「RJNO」へと呼び方を変えました。Rescue of Japanese Nationals Overseasの頭文字を取ったものです。大きく変わったのは、やはり「Rescue(レスキュー)」という単語に変わった点でしょう。報道でも以降、「邦人輸送」ではなく、「邦人救出」と呼ぶことになります。

C-2輸送機も初参加、アフリカで行われた訓練

 2018年9月1日から9日までのあいだ、アフリカのジブチ共和国などにおいて、「在外邦人等保護措置訓練」が行われました。統合幕僚監部及び情報本部約20名、陸上総隊中央即応連隊など約80名、航空支援集団など約20名が参加しました。

 これまで、TJNO、そしてRJNOを想定した訓練は、国内外で行われてきました。ジブチにおいても、2016年、2017年と行われてきました。

 特筆すべきは、今回初めて、配備されて間もないC-2輸送機が使われた点です。9月1日に美保基地を離陸した第403飛行隊のC-2は、経由地を経て、9月2日午後12時10分、ジブチ国際空港へと着陸しました。訓練の目的の中に、「ジブチ共和国及びその周辺国への航空機の運航等」と明記されていました。日本からジブチまで飛行すること自体が訓練であったのです。

 機体から降りてきたのは中央即応連隊の隊員たちです。この部隊は、PKO活動など、海外派遣が決まれば、先遣隊として真っ先に派遣されます。そして主力到着までのあいだに、活動基盤を準備します。よって、彼らに在外邦人等保護措置にともなう派遣命令が下る可能性は十分に考えられます。続けて、軽装甲機動車もC-2で運ばれてきました。

 9月3日、中央即応連隊の隊員たちは、軽装甲機動車や民間車両を用いて、「現地における陸上輸送等に係る行動」のひとつとして、運転技術を学ぶための車両操縦を行いました。翌4日には、ジブチ軍の施設を借り、射撃訓練を行いました。そして5日には、TTX(机上訓練)として、在ジブチ日本大使館や米軍と連携要領を確認しました。

 活動拠点からの撤収も目的のひとつです。7日に隊員たちは再びC-2に乗り込み、経由地を経て9月9日に日本へと帰国しました。

 世界はある日突然大きく変わる事があります。自然災害の発生などは、誰にも予測できません。そうした万が一の事態に備え、自衛隊は訓練を重ねています。

【写真】ジブチ国際空港に降り立つ空自C-2輸送機

関連記事(外部サイト)