筑豊本線の桂川〜原田間、順調なら2018年度末に運転再開 「平成30年7月豪雨」で被災

筑豊本線の桂川〜原田間、順調なら2018年度末に運転再開 「平成30年7月豪雨」で被災

「平成30年7月豪雨」による、筑豊本線のおもな被災箇所(画像:JR九州)。

「平成30年7月豪雨」で被災し、不通になっている筑豊本線の桂川〜原田間。工事が順調に進んだ場合、2018年度末に運転を再開できる見通しです。

運転見合わせが続いている原田線

 JR九州の青柳俊彦社長は2018年9月27日(木)、「平成30年7月豪雨」で被災し、不通になっている筑豊本線の桂川〜原田間について、順調に工事が進んだ場合、今年度末に運転を再開できる見通しであることを発表しました。

「原田線」の愛称を持つ筑豊本線の同区間では、盛土や切取斜面の崩壊、土砂の流入など39件の被害が、「平成30年7月豪雨」で発生しています。

【地図】筑豊本線の「平成30年7月豪雨」によるおもな被災状況

関連記事(外部サイト)