閑散時は0円 混雑時は多く払うと優先配車 タクシーの迎車料金、変動制の実証実験

閑散時は0円 混雑時は多く払うと優先配車 タクシーの迎車料金、変動制の実証実験

日本交通グループの場合、配車アプリ「JapanTaxi」を通じて配車依頼すると、地域や日時などによって迎車料金が0円になる(画像:JapanTaxi)。

閑散時は迎車料金が0円に――。需要に応じてタクシーの迎車料金を変動させる実証実験が、東京都内で始まります。あわせて、高齢者や子どもなどの利用を想定した「定額タクシー運賃」の実証実験も開始されます。

需要に応じて価格が変動

 国土交通省は2018年9月28日(金)、「変動迎車料金」の実証実験を10月1日(月)から開始すると発表しました。

「変動迎車料金」は、閑散時における「迎車料金が安ければタクシーを利用したい」といった潜在的ニーズや、混雑時における「少し高い料金を払っても優先的に配車を受けたい」といったニーズへ柔軟に対応し、あわせて「需要の喚起」と「運行の効率化」によるタクシー事業者の生産性向上を検証するねらいです。過去の輸送実績などから、時間帯ごとのタクシー需要を判断し、それに応じて段階的に価格を変動させます。

 たとえば、この実証実験に参加する日本交通グループの場合、日曜日と水曜日の11時から17時までに、東京都港区と新宿区、渋谷区、中央区、千代田区で配車アプリを通じ配車を依頼すると、現行は410円である迎車料金が0円になります(ほかにも条件あり)。

 また大和自動車交通グループと国際自動車グループでは、東京都港区と中央区において、迎車料金が10分ごとの「繁忙指数」に応じて0円から910円まで変動。現行の410円より高い料金で依頼した場合、最優先で配車されます。実証実験用アプリを使うモニターが対象です(ほかにも条件あり)。

 実証実験の実施事業者は上記の3社で、実施地域は日本交通グループが東京都特別区と武蔵野市、三鷹市、それ以外の2社が東京都港区と中央区。10月1日(月)の午前9時から11月30日(金)まで行われます。

「定額タクシー運賃」の実証実験も

 またあわせて、「定額タクシー運賃」の実証実験も開始されます。

 運転免許を返納した高齢者の通院、共働き夫婦の子どもの通塾など、各地域の実情に応じた移動ニーズに対し、「地域の足」として割安なタクシーサービスを提供する定期券のような運賃を検討、全国各地へ取り組みを広げていくための課題や実現可能性を検証するのがねらいです。利用可能区域や利用回数といった条件の範囲内で、一定期間、定額で乗り放題になります。

 実施する事業者は、北海道の十勝中央観光タクシー、福島県の郡山観光交通と白河観光交通、東京都の大和自動車交通グループ、神奈川県の神奈中タクシーHD、岡山県のフクモトタクシー、福岡県の第一交通産業グループ。期間は10月1日(金)から12月21日(金)まで。実施方法は、事業者によって異なります。

※誤字を修正しました(9月28日16時00分)

【グラフ】空車のタクシーが多い時間帯は?

関連記事(外部サイト)