千代田線6000系電車が引退へ 11月まで特別運転 営団地下鉄の「標準」になった電車

東京メトロ千代田線の6000系電車が引退へ 帝都高速度交通営団の「標準」となった車両

記事まとめ

  • 東京メトロ千代田線の6000系電車が10月5日に通常運転を終了し11月まで特別運転される
  • 6000系電車は昭和40年代の登場当時としては先進的な車両で、ひとつの標準になった
  • アルミ製の車体やデザインなどは、有楽町線7000系や半蔵門線8000系にも受け継がれた

千代田線6000系電車が引退へ 11月まで特別運転 営団地下鉄の「標準」になった電車

千代田線6000系電車が引退へ 11月まで特別運転 営団地下鉄の「標準」になった電車

353両が製造された6000系電車。1972年には、鉄道友の会から「ローレル賞」が贈られた(画像:東京メトロ)。

東京メトロ千代田線の6000系電車が通常運転を終了、特別運転ののちに引退します。昭和40年代の登場当時としては先進的な車両で、その後の営団地下鉄におけるひとつの標準になった車両です。

先進的だった省エネ車両

 東京メトロは2018年9月28日(金)、千代田線6000系電車の引退について発表しました。

 6000系は1968(昭和43)年に試験導入され、1971(昭和46)年に量産車がデビュー。世界で初めて「回生ブレーキ」と「チョッパ制御方式」を採用した、当時としては先進的な省エネ車両だったほか、これにより車両から発生する熱が抑えられ、駅を含むトンネル内の環境改善にもつながっています。

 またアルミ製の車体やそのデザインなどは、有楽町線の7000系や半蔵門線の8000系にも受け継がれ、営団地下鉄(現在の東京メトロ)を象徴するスタイルのひとつにもなりました。

 通常運転の終了は10月5日(金)。その後は11月11日(日)まで、土休日限定で特別運転されます。

特別運転の詳細

車両:6000系(6102編成または6130編成)
運行区間:綾瀬〜霞ヶ関間
運転日:10月13、14、20、21、27、28、11月3、4、10、11日
ダイヤ:綾瀬13:19発〜霞ヶ関13:55着、14:16発〜綾瀬14:42着(各日1往復)

※ ※ ※

 特別運転は、ヘッドマークを掲示しての走行。東京メトロは、「千代田線6000系との思い出と残り少ないご乗車の機会を是非お楽しみください」としています。

【写真】インドネシアを走る千代田線の電車

関連記事(外部サイト)