山陰本線経由の貨物列車、再び運転へ 台風で一部不通の山陽本線を迂回

山陰本線経由の貨物列車、再び運転へ 台風で一部不通の山陽本線を迂回

赤線の岡山貨物ターミナル駅〜幡生操車場間が貨物列車の迂回ルート。伯備線、山陰本線、山口線を経由する(画像:JR貨物)。

台風24号で山陽本線の一部が不通になっていることを受け、JR貨物が山陰本線経由の貨物列車を再び運行します。

西日本豪雨に続き…

 JR貨物は2018年10月4日(木)、山陽本線の不通区間を迂回(うかい)する貨物列車を6日(土)から運転すると発表しました。

 台風24号の影響で、山陽本線の光〜下松間で土砂流入が発生。これにより貨物列車は岩国〜新南陽間で運転を見合わせています。JR西日本によると復旧には(9月30日から)少なくとも1週間以上を要する見込みです。

 JR貨物は、関西方面と九州方面を結ぶ輸送ルートが寸断されていることから、広島〜北九州、福岡の各貨物ターミナル駅間などでトラックによる代行輸送を実施中。これに加え、さらなる輸送力の確保として、不通区間を迂回して伯備線、山陰本線、山口線を経由する貨物列車を運行します。

 運転区間は名古屋貨物ターミナル〜福岡貨物ターミナル間。本数は1日1往復です。時刻は次のとおり。

●下り(タは「貨物ターミナル駅」を示す。以下同)
名古屋タ20時37分発→岡山タ翌3時47分→幡生操車場21時15分→福岡タ23時37分
・運転開始:名古屋タ発5日(岡山タ発6日)
●上り
福岡タ1時35分発→幡生操車場3時52分→岡山タ22時12分→名古屋タ翌7時40分
・運転開始:福岡タ発6日

 岡山タ〜米子間はEF64形電気機関車1両、米子〜益田〜新山口〜幡生操車場間はDD51形ディーゼル機関車1両が、貨車6〜7両を牽引(けんいん)します。5tコンテナ30〜35個を運びます。

 JR貨物とJR西日本は、7月の西日本豪雨で山陽本線の一部区間が不通になったため、今回と同じルートで8月28日から約1か月間、貨物列車を迂回運転していました。9月30日に山陽本線の全線が復旧し、あわせて貨物列車も本来のルートで運転も再開する予定でしたが、その前日に山口県内で土砂流入が発生。運転再開は延期されていました。

 JR貨物によると、運転を中止している山陽本線の岩国〜新南陽間では、1日あたり54本の貨物列車を運行しており、同社全体の約27%に相当する2万3592tの貨物を輸送しているといいます。同社は復旧の見込みについて、判明次第改めて告知するとしています。

【路線図】貨物列車の運転状況

関連記事(外部サイト)