連節バス、北九州市に2019年夏導入 3路線で運行検討、車体デザイン募集 西鉄

連節バス、北九州市に2019年夏導入 3路線で運行検討、車体デザイン募集 西鉄

導入されるメルセデス・ベンツの連節バス「CITARO-G」のイメージ。運行時には車体にデザインが加わる(画像:西日本鉄道)。

西日本鉄道と北九州市が連節バス2台の導入を決定。3つのルートで運行を検討しています。

メルセデス・ベンツ「CITARO-G」を採用

 西日本鉄道と北九州市は2018年10月4日(木)、連節バスを2019年夏に導入すると発表しました。

 北九州市は1979(昭和54)年をピークに人口が年々減少。一方、高齢化率が約30%と政令指定都市のなかでは最も高齢化が進んでいます。このような状況で持続可能な公共交通ネットワークを再構築するため、両者は連節バスの導入や支線バス路線の再編などに取り組む方針です。

 連節バスの導入に向けては、2018年1月に幹線バス路線である小倉〜黒崎間などで試走を行い課題を抽出。今回、この課題解決のめどが立ったため、2019年夏に北九州市内で連節バス2台を導入することが決まったといいます。

 検討されているルートは、小倉〜黒崎(砂津〜黒崎バスセンター)間、小倉〜戸畑(砂津〜戸畑駅)間、小倉〜門司港(青葉車庫〜田野浦)間です。車両はメルセデス・ベンツ「CITARO-G」を採用。寸法は全長1817cm、全幅255cm、全高310cmです。

 車体デザインは公募されます。対象は北九州市在住または在勤・在学の個人やグループです。募集期間は10月9日(火)正午から11月16日(金)正午まで。受付は特設サイトで実施。最優秀賞受賞者(1人または1グループ)には、「チャチャタウン小倉オリジナルギフト券」10万円分が贈られます。

【地図】小倉を発着する検討中の3ルート

関連記事(外部サイト)