「武蔵」発見の実業家はなぜ戦没軍艦探索に情熱を傾けたのか? 追悼ポール・アレン氏

「武蔵」発見の実業家はなぜ戦没軍艦探索に情熱を傾けたのか? 追悼ポール・アレン氏

大和型1番艦「大和」(写真左)と同2番艦「武蔵」。1943年、トラック基地にて(画像:アメリカ海軍)。

沈没した戦艦「武蔵」発見の報を届けてくれた実業家のポール・アレン氏が亡くなりました。実業家であった彼が私財を投じ、戦没軍艦の探索や戦闘機の復元に取り組んだ背景などを解説します。

マイクロソフト社共同設立者にして戦没軍艦探索の第一人者

 2018年10月15日、ビル・ゲイツ氏と共にマイクロソフトを設立したポール・アレン氏が65歳で世を去りました。

 中学生時代にゲイツ氏と知り合ったアレン氏は、ゲイツ氏を説得して1975(昭和50)年にマイクロソフトを設立。マイクロソフト退社後も資産運用を行なうバルカン社を設立して成功をおさめ、2017年の時点ではその資産額が2兆円を超える、アメリカ史上でも屈指の成功した実業家として評価されています。

 その一方でアレン氏は、プロバスケットチームやプロバスケットチームのオーナーとなったり、私財を投じてSF博物館を設立したりするなど、様々な文化に対して私財を惜しみなく出資する人物としても知られていました。アレン氏は兵器に対する造詣も深く、父親が第二次世界大戦に従軍したこともあって、晩年は第二次世界大戦で戦没した軍艦の調査に熱心に取り組んでいました。

 アレン氏の戦没軍艦の調査に対する情熱は、もはや趣味の領域を超えており、2008(平成20)年には全長126.0m、排水量9932tの大型ヨットを購入し、2種類の海底探査機を搭載する海洋調査船「オクトパス」に改造して、沈没した軍艦の調査を行なっていました。

 しかし「オクトパス」はアレン氏が取り組んでいた自然保護活動や映画製作などにも使われていたため、1年間を通して戦没軍艦の調査に使用することができませんでした。このためアレン氏は2016年には全長76.45m、排水量3371tの石油探査船「ペトレル」を購入。1年をかけて改造を施し、世界に1隻しかない沈没船調査船を所有するに至っています。

71年の時を経て戦艦「武蔵」再び

 アレン氏はこの2隻を使って、歴史に名を残した軍艦を次々と発見しました。それはたとえば、日本に投下された原子爆弾をB-29爆撃機の基地となっていたテニアン島へ輸送した直後の1945(昭和20)年7月30日に、日本海軍の潜水艦の攻撃を受けて沈没したアメリカ海軍の重巡洋艦「インディアナポリス」、1942(昭和17)年5月に旧日本海軍とのあいだで起こった「珊瑚海海戦」で沈没したアメリカ海軍の空母「レキシントン」、1941(昭和16)年5月に起こった「デンマーク海峡海戦」で、ドイツ海軍の戦艦「ビスマルク」の砲撃により轟沈した、イギリス海軍の戦艦「フッド」などが挙げられます。そして2015(平成27)年3月には、旧日本海軍の戦艦「武蔵」をフィリピンのシブヤン海で発見しています。

 アレン氏が発見した戦艦「武蔵」は、大和型戦艦の2番艦として1942年8月5日に就役しました。大和型戦艦は7万tを超える満載排水量、主砲の口径(46cm)とも史上最大の戦艦で、1943(昭和18)年1月から1944(昭和19)年5月まで、連合艦隊の期間も務めています。

 しかし就役した際には海戦の主役が戦艦から航空機に移行していたことに加えて、行動すると莫大な燃料を消費することから、太平洋戦争中のほとんどの期間、旧日本海軍の根拠地であったトラック諸島の停泊地から動かず、このため前線で戦っていた旧日本海軍の将兵からは、従来の戦艦に比べて快適な居住性を備えていたことへのやっかみを込めて「武蔵旅館」と揶揄されていたとの話もあります。

 1944年5月に連合艦隊旗艦の座を軽巡洋艦「大淀」に譲った「武蔵」は、同年6月の「マリアナ沖海戦」に参加したものの、目立った戦果を挙げることは無く、同年10月にフィリピン周辺海域で発生した「レイテ沖海戦」で、アメリカ海軍の空母艦載機の攻撃を受けて沈没。821日間の生涯を閉じました。

 生還した「武蔵」の加藤憲吉副長は退艦時に沈没地点を記録しており、後にその記録をもとにアメリカ海軍が捜索を行なったものの発見には至りませんでした。このため長らく「武蔵」の沈没地点は謎とされてきましたが、アレン氏は8年の歳月をかけて「武蔵」を発見。2015年3月13日には海底探査機の映像のインターネット中継を行ない、全世界の人々が戦没から約71年間の時を経て、シブヤン海の海底に眠る「武蔵」の姿を目の当たりにすることとなりました。

軍艦や軍用機を「産業遺産」として

 アレン氏が晩年、戦没軍艦の捜索に情熱を傾けた背景には、前述したように父親の影響もあるようですが、アレン氏が軍艦を含めた兵器を単なる戦いのための消耗品ではなく、産業遺産として捉えていたからなのではないかと、筆者(竹内 修:軍事ジャーナリスト)には思えてなりません。

 アレン氏は軍艦の捜索のほか、第二次世界大戦で活躍した軍用機の収集にも力を入れており、アメリカのP-51「マスタング」やドイツのBf109、イギリスの「スピットファイア」といった戦闘機など多数の軍用機を所有していました。

 アレン氏は私財を投じて収集した軍用機に徹底的な復元作業を行なっており、その多くは飛行可能、またはそれに近い状態にまで復元されています。アレン氏は旧日本陸軍の主力戦闘機、一式戦闘機「隼」も所有していますが、この「隼」は機体・エンジンともほぼ生産当時のままで飛行可能な状態にある、大変貴重なものです。

 アレン氏はこれらの軍用機をコレクションして満足するのではなく、アメリカのワシントン州に私設博物館「フライング・ヘリテージ・コレクション」を開設して、一般への公開を行なっています

そのコレクションには戦車や戦後の宇宙船も

 この博物館には前述したP-51やBf109、スピットファイア、一式戦闘機、零式艦上戦闘機(零戦)などの第二次世界大戦で活躍した軍用機のほか、やはり第二次世界大戦で活躍したアメリカのM4「シャーマン」戦車などの陸上兵器、さらにはベトナム戦争中にアメリカ空軍が使用したF-105G「サンダーチーフ」戦闘機や、旧ソ連製のMiG-29戦闘機、世界で初めて民間企業による有人宇宙飛行(弾道飛行)を行なった「スペースシップワン」など、戦後に開発された軍用機や宇宙船なども追加されています。

 フライング・ヘリテージ・コレクションはアメリカの航空宇宙博物館としては中規模ですが、アレン氏の意思により、2018年10月末現在入場料は大人16ドル、子供(6〜17歳)12ドル(6歳以下は無料)と低く抑えられており、また多くの収蔵品に触れることができることから、地元の学校の学習などにも活用されています。

 残念ながらアレン氏は若くして世を去ってしまわれましたが、アレン氏の意思は、この博物館を訪れた子供たちに受け継がれていくものだと思いますし、アレン氏のような人物が生まれて、活躍できる土壌のあるアメリカという国が、少しうらやましく思えてしまいます。

 最後にポール・アレン氏の魂が安らかであることを祈念して、この記事の結びとさせていただきます。

【写真】デカい! 艤装中の戦艦「大和」

関連記事(外部サイト)