短縮されつつある国道の「冬季通行不能区間」 しかし区間数は増加のワケ

短縮されつつある国道の「冬季通行不能区間」 しかし区間数は増加のワケ

冬季通行不能区間の前後にはゲートが設けられていることがある。写真はイメージ(画像:photolibrary)。

道路の除雪が行われず、一定期間ずっと通行止めになる「冬季通行不能区間」。国道ではこうした区間の総延長が少しずつ短くなっている一方で、区間数としては増加しています。

バイパス整備で一気に解消することも

 積雪地域を中心に、「冬季通行不能区間」のある道路が存在します。前後に設けられたゲートが期間中ずっと閉じられるなどして、除雪が行われず、一般車の通行ができなくなる区間です。

 国土交通省によると、国道のうち都道府県が管理するもの(補助国道)においてこのような区間は、2017年時点で126区間、959kmにおよぶといいます。2006(平成18)年には115区間、1032kmだったといい、区間数は増えているものの、総延長は減少しているそうです。同省の道路防災対策室に話を聞きました。

――どのような区間が冬季通行不能になるのでしょうか?

 交通量が少ない割に、除雪が困難な箇所で導入されている傾向です。国が直接管理する国道ではほとんどありませんが、補助国道においては各都道府県が独自に設定しています。

――解消には何が必要なのでしょうか?

 スノーシェッド(雪覆い)などの雪崩防止対策を講じて道路を改良するほか、除雪体制の構築も必要になってきます。いちばん確実な方法は、冬季通行不能区間に並行してトンネルを造り、バイパスを整備することでしょう。

――冬季通行不能区間の総延長は短くなる一方で、区間数は増えているのはなぜでしょうか。

 総延長の短縮には、バイパス整備の進展が大きく寄与しています。また、たとえば峠の前後区間で規制が敷かれていたところが見直され、峠部だけの規制に短縮されるといったこともあります。

 一方、バイパスを整備すると、旧道やその周辺区間などで新たに規制が敷かれるケースが多いです。人手不足で除雪体制の構築が困難になったり、周辺に人が住まなくなったりすることも、区間数が増える要因です。

「通年通行化」地元は大喜び 高まる重要性

 既存の道路を改良し、17.7kmもの冬季通行不能区間を解消した例もあります。国道347号のうち、宮城県大崎市と山形県尾花沢市の県境部に位置する鍋越峠(なべこしとうげ)区間です。

 この区間は12月から4月末まで通行止めとされていましたが、2011(平成23)年3月の東日本大震災直後に、緊急物資輸送路として利用できなかったことから、太平洋側と日本海側を結ぶルートのひとつとして重要性が再認識されました。宮城・山形両県で拡幅や雪崩対策施設の整備など、道路改良に取り組み、2016年12月に通年通行化が実現。交流人口の拡大、雇用創出や観光振興にもつながるとして、両県で大々的に記念式典も催されました。

 ただし現在も、冬季に通行できるのは7時から19時までのあいだです(2017年度実績では12月から3月末まで)。宮城県北部土木事務所によると、朝の開放に向けて夜間、集中的に除雪しているといいますが、雪の強さによっては昼間も通行止めになることがあるそうです。夜間の交通開放については、「通年通行化から2年しか経過していないこともあり、通行や積雪状況の蓄積が十分ではありません。データを集めたうえで、今後どのような対策が必要かを判断していきます」と話します。

 近年、国道などにおいて、大雪で多数の立ち往生車両が発生し、通行止めになる事例が多く発生しています。国土交通省は2018年度冬から、過去に立ち往生が発生している箇所や、勾配が5%(100m進むと5m上がる/下がる)以上の峠道を中心に、「予防的通行規制」を導入。本格的な降雪の1〜3日前から当該区間の通行止めを予告し、広域な迂回などを呼び掛けたうえで、通行止めのあいだに集中的な除雪を行うそうです。

 そうした広域の迂回を検討してもらうためにも、国土交通省は道路ネットワークの確保に重要なルートについて、冬期通行不能区間を順次解消していくとしています。

【グラフ】国道における冬季通行不能区間の推移

関連記事(外部サイト)