近い将来の国防を占う「国際航空宇宙展2018」 2年繰り上げ開催の理由と注目の出展

近い将来の国防を占う「国際航空宇宙展2018」 2年繰り上げ開催の理由と注目の出展

「2012年国際航空宇宙展」にボーイングが出展したV-22「オスプレイ」の大型模型。防衛省は2013年度予算に同機の調査費を盛り込んだ(竹内 修撮影)。

「国際航空宇宙展」は、かつて空自採用前のF-15「イーグル」やF-14「トムキャット」も出展されたことのある、50年以の歴史あるイベントです。注目すべきポイントとその理由を見ていきます。

今回は平日開催、そもそもどんなイベント?

 2018年11月28日(水)から30日(金)の3日間、東京ビッグサイトで「国際航空宇宙展2018東京」が開催されます。

「国際航空宇宙展」は、航空宇宙工業に関わる企業などによる民間公益団体「日本航空宇宙工業会」が開催する、航空宇宙産業の総合展示会です。1966(昭和41)年の第1回から1983(昭和58)年の第7回までは、航空自衛隊の基地で開催されており、1976(昭和51)年に入間基地(埼玉県狭山市)で開催された第5回には、航空自衛隊のF-104J/DJ戦闘機の後継機の機種選定が行なわれていたこともあって、候補機であったF-15「イーグル」とF-14「トムキャット」が揃って出展されるなど、実機の地上展示や飛行展示も行なわれていました。

 その後、航空自衛隊の基地の使用が困難となったことや、日本航空宇宙工業会が主催するイベントはより専門的であるべきだとの声が大きくなったこともあって、1991(平成3)年に開催された第8回からは、愛知県名古屋市のポートメッセなごやと、常滑市のセントレア(中部国際空港)のふたつの会場で開催された2012(平成24)年の第13回を除いて、東京ビッグサイトなど、首都圏の見本市や会議を行なうコンベンションセンターで開催されています。

「国際航空宇宙展」は2000(平成12)年に開催された第10回以降、4年おきの開催が定着しています。前回は2016(平成28)年に開催されており、次回は2020年に当たっていたのですが、同年の東京オリンピック・パラリンピックにおいて東京ビッグサイトがメディアセンターとして使用される関係から、日本航空宇宙工業会は2021年秋に繰り延べる方向で調整を進めていました。

 しかし日本でのビジネス拡大を図る海外企業と、航空宇宙産業への参入を希望している国内の中小企業から、前回の2016年から5年間もあいだが空くことは望ましくないとの意見が数多く寄せられたことから、日本航空宇宙工業会は、本来より規模が小さく、商談を目的とする「国際航空宇宙展2018東京」を開催することとなりました。

世界有数のメーカーが出展

 前にも述べたように「国際航空宇宙展2018東京」の開催は、海外企業からの要望によるところが大きく、2016年に開催された前回は19%だった展示スペースに占める海外企業の比率が、今回は39%にまで増加しており、海外の主要な航空宇宙メーカーのほとんどが出展します。

 航空自衛隊にF-35A戦闘機が採用され、またF-2戦闘機の後継機にも意欲を見せているロッキード・マーチンからは、F-35の実大モックアップなどの出展が予定されています。このモックアップは2016年の前回にも出展され、来場者の人気を集めていました。

 エアバスは、最新鋭旅客機「A350」用新型客室「Airspace」の一部を再現した実大モックアップを出展するほか、同社のヘリコプター部門であるエアバス・ヘリコプターズは、既存の多用途ヘリコプターに装着することで、戦闘ヘリコプターに匹敵する戦闘能力を与える武装キット「H Force」を、VR(バーチャル・リアリティー)を使用して紹介する展示を予定しています。

 2018年5月に長崎県の壱岐空港で無人航空機「ガーディアン」のデモフライトを行なった、アメリカのジェネラル・アトミクス・アエロノーティカル・システムズは、次世代型無人航空機の制御装置のシミュレーターを出展。またボーイングも最新鋭旅客機「787」のシミュレーターの出展を予定しています。

 さらにイギリスのBAEシステムズ、イタリアのレオナルド、アメリカのレイセオンとベル、フランスのタレス、イスラエルのIAI(Israel Aerospace Industry)、ヨーロッパ各国が共同で設立した防衛装備品メーカーのMBDAなど、海外の主要な見本市の常連となっている企業が出展を予定しているほか、イギリス、チェコ、カナダ、アメリカが自国企業とその製品を紹介するパビリオンの出展も予定されています。

次の国防のカタチが見えてくる、かも

 日本でも知名度の高い海外企業による出展も要注目なのですが、筆者(竹内修:軍事ジャーナリスト)は、今回初めて「国際航空宇宙展」に出展する、ドイツのタウルスに注目しています。

 タウルスは、ドイツとスウェーデンが共同開発した、地中を貫通して地下に設けられた司令部や指揮所などを破壊できる、ステルス性を備えた空対地巡航ミサイル「KEPD350」のメーカーです。同ミサイルはドイツ、スペイン、韓国の空軍に採用されています。

 北朝鮮の弾道ミサイルの脅威が顕在化して以降、日本国内ではそうした兵器による攻撃を受けた場合、一定の反撃能力を持つべきとの意見があります。自由民主党の安全保障調査会は2017年3月、日本がミサイル攻撃を受けた場合、発射能力を減殺するための攻撃は、国際法上も憲法上も認められない先制攻撃とは一線を画した概念であり、憲法上も一定の条件下において許容されるとの見解を示した上で、「敵基地反撃能力」の保有についての検討を促進すべきとの提言を、政府に対して行なっています。

 11月19日、一部メディアは小野寺五典前防衛大臣が、現在策定を進めている次期防衛大綱に敵基地反撃能力は盛り込まれない見通しだと述べたと報じました。自由民主党内などに存在している敵基地反撃能力の保有を検討すべしという声が、今後の日本の防衛力整備にどの程度反映されていくのかは不透明ですが、多数の司令部を地下に設けていると言われている北朝鮮の弾道ミサイルの攻撃能力を低減させる上で、KEPD350が有効な装備品となることは確かです。

 2012年の「国際航空宇宙展」にボーイングが大型模型を出展したV-22「オスプレイ」、2016年の同展にノルウェーのコングスベルクが模型を出展した長距離対艦ミサイルの「JSM」や、同じくロッキード・マーチンが模型を出展した長距離対艦ミサイル「JASSM」は、その後、自衛隊への導入が決定しています。自衛隊の思惑はともあれ、タウルスが今回出展するのは、自衛隊が導入する可能性があると考えているからにほかなりません。

「国際航空宇宙展」は国内外の先進技術を目の当たりにできる場所であると同時に、今後の日本の防衛のあり方がどのように変わっていくのかを、考えることのできる場所でもあります。今回の「国際航空宇宙展2018東京」は商談に特化していますが、公式サイトで事前登録すれば、一般の方も無料で入場できます。

【写真】実大模型が出展されるエアバス最新鋭機の新型客室

関連記事(外部サイト)