無料Wi-Fi、北海道新幹線H5系も23日開始 JR北海道

無料Wi-Fi、北海道新幹線H5系も23日開始 JR北海道

青函トンネルを通過する北海道新幹線のH5系(画像:photolibrary)。

JR北海道の所有する東北・北海道新幹線H5系電車でも、無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスが始まります。まず1編成からスタートし、最終的に全4編成に導入する計画です。

接続1回につき最大3時間利用可

 JR北海道は2018年12月18日(火)、同社が保有する東北・北海道新幹線のH5系電車の1編成(10両)で、23日(日)から無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを開始すると発表しました。

 23日(日)新函館北斗6時35分発の「はやぶさ10号」から提供がスタート。その後2019年度末までに、全4編成(40両)に導入する計画です。

 サービスは、JR東日本のE5系電車で2018年5月から提供を始めている「JR-EAST FREE Wi-Fi」を採用。メールアドレスによる認証ののち、接続1回につき最大3時間の利用が可能です(接続回数の制限なし)。訪日外国人旅行客に向けたサービスですが、日本人を含め誰でも無料で利用できます。

 なお、このサービスは携帯電話の電波を利用していることから、トンネル内など電波が届かない区間では利用できません。青函トンネルでは2018年度末以降、携帯電話の通信サービスが順次始まる見込みです。東北新幹線では12月27日(木)、八戸駅手前から八戸駅までのトンネル約13.8kmの区間で新たに利用が可能になり、東京〜八戸間で携帯電話の圏外が解消されます。これに伴いWi-Fiサービスも、順次利用できるようになります。

【画像】「JR-EAST FREE Wi-Fi」ステッカー

関連記事(外部サイト)