バスが「手放し運転」 日本唯一、「鉄道」の特徴を併せ持つ「ガイドウェイバス」とは

バスが「手放し運転」 日本唯一、「鉄道」の特徴を併せ持つ「ガイドウェイバス」とは

高架区間を走る名古屋ガイドウェイバスの車両(風来堂撮影)。

名古屋市内と近郊を結ぶ「名古屋ガイドウェイバス」では、一部区間で運転手がハンドルから手を放して走行します。「手放し運転」が行われるバス専用路の高架区間は、法律的には「鉄道」の扱い。日本唯一の交通システムです。

「案内軌条」に「案内輪」をそわせて走るから「ガイドウェイバス」

 運転手がハンドルから手を放して走行するバスが名古屋に存在します。

「手放し運転」が行れるのは、JR中央本線と名鉄瀬戸線、名古屋市営地下鉄名城線が乗り入れる大曽根駅(名古屋市東区・北区)と、中央本線および愛知環状鉄道の高蔵寺駅(愛知県春日井市)などを結ぶ「名古屋ガイドウェイバス」(愛称:ゆとりーとライン)の一部。大曽根駅から、途中の小幡緑地駅(名古屋市守山区)までの高架区間6.5kmです。

 高架区間はバス専用路となっており、車幅にあわせた1台分の走行路の両脇に「案内軌条」と呼ばれるガイドを設置。それをふたつ並べて上下線が構成されています。この案内軌条に、タイヤ付近の床下に取り付けられた案内輪をそわせて走るため、ハンドル操作が不要なのです。高架区間以外では案内輪を床下に収納し、通常の路線バスと同じようにハンドルを操作して走ります。

 名古屋ガイドウェイバスは2001(平成13)年に開業しました。それ以前、名古屋市北東部から中心部にかけては、矢田川をまたぐ橋や名鉄瀬戸線の踏切などの影響で慢性的に交通渋滞が発生。また、沿線の志段味(しだみ)地区では再開発による人口増加が見込まれており、新たに発生する交通需要への対応と、道路混雑の緩和が課題となっていました。

 しかし、既存の道路にバスの専用レーンを確保する余裕はなく、通常の路線バスでは交通渋滞に巻き込まれてしまいます。そこで、渋滞が激しい大曽根〜小幡緑地間に高架のバス専用道を設け、定時性や速達性を確保。ガイドウェイバス整備前の一般道では、大曽根〜小幡緑地間でクルマが約32分かかっていましたが、ガイドウェイバスはこの区間を約13分で結びました。

手放し運転、法律的にOKなの?

 しかし、高架区間はいくら専用道とはいえ、バスで手放し運転を行うのは法律的に許されるのでしょうか。それには、この区間が「道路」ではないことが関係しています。

 高架区間は、案内軌条にそって案内輪で誘導されるという特性から、路面電車などと同じ「軌道法」が適用されています。国には「案内軌条式鉄道」として登録されており、「ガイドウェイバス志段味(しだみ)線」という路線名も存在。このため、運転手は軌道法の適用区間でハンドルを操作してはいけないことになっていて、アクセルとブレーキ操作しか行いません。方向転換も案内輪によって行われるので、ハンドルは勝手に動きます。

 ガイドウェイバスの車両を保有し、志段味線を管理する名古屋ガイドウェイバス株式会社によると、小幡緑地駅から高蔵寺駅にかけては地上の一般道を走るため、運転手はバスと鉄道両方の運転免許を取得しているとのこと。「ハンドルを握っていないことに、案外お客様は気づいていないようで、沿線の小学生が社会見学に来た際にそのことを伝えると、驚きの声が上がるんですよ」と教えてくれました。

 高架区間は眺めもよく、車窓も見どころ。名古屋ガイドウェイバスは次のように話します。

「矢田川や名鉄瀬戸線、名二環(名古屋第二環状道)をまたぐ地点は、高架がさらに高くなるので見晴らしが良いですね。名古屋駅周辺の高層ビル群のほか、遠くに岐阜・長野方面や滋賀方面の山々を望めるところもあります。大曽根行きだと、白沢渓谷駅から川村駅のあいだにある60パーミルの下り坂(1000m進むと60m下がる)を走るのを、ジェットコースターのような感覚で楽しむ方もいらっしゃるようです」(名古屋ガイドウェイバス)

 このように眺望がよい反面、高架区間は風や雪に弱いというデメリットも。除雪が難しいため、高架に上がる前の「モードインターチェンジ」(案内輪での走行に切り替わる地点)において、車両についた雪を社員総出で高圧洗浄機を使って落とすなどしています。

 名古屋ガイドウェイバスによると、日本唯一の方式を採用したこのバスに乗車するため、遠方からやってくる人も多いとのこと。同社は毎年、春と秋に沿線施設や見所をめぐるウォーキングイベントも開催するなど、地域の活性化にも一役買っているようです。

※記事制作協力:風来堂、やまだともこ

関連記事(外部サイト)