大阪環状線の大阪駅にホームドア導入 岡山駅、高槻駅も新設 JR西日本

大阪環状線の大阪駅にホームドア導入 岡山駅、高槻駅も新設 JR西日本

京橋駅に設置されているホームドア(画像:JR西日本)。

JR西日本が、岡山駅、大阪駅、高槻駅の一部ホームに、ホームドアを新設します。

岡山駅は山陽新幹線ホームに

 JR西日本は2018年12月19日(水)、駅ホームにおける安全性向上を目的に、岡山駅、大阪駅、高槻駅に可動式ホーム柵(ホームドア)を設置すると発表しました。

 岡山駅は山陽新幹線の22・23番のりばに新設されます。長さは各約400m、高さは約1.35m、最大開口(開閉ストローク)は約5.7mです。博多方面の22番のりばは2019年12月ごろ、新大阪・東京方面の23番のりばは2020年春ごろに使用が開始される予定です。

 大阪駅は大阪環状線の1・2番のりばに設置。長さは各約160m、高さは約1.3m、最大開口は約3.5mで、2020年春ごろに使用開始の予定です。

 高槻駅は普通電車が発着する3・4番のりばに導入。長さは各約140m、高さは約1.3m、最大開口は約3.3mです。使用開始は2021年春ごろを予定しています。

【写真】新幹線駅のホームドア

関連記事(外部サイト)