事故の可能性はあり得るか? 海自P-1哨戒機へ韓国駆逐艦が「ロックオン」

事故の可能性はあり得るか? 海自P-1哨戒機へ韓国駆逐艦が「ロックオン」

ミサイルを妨害するフレアを投下する海上自衛隊の哨戒機P-1。機首部上部にレーダーを逆探知するESMを装備している(関 賢太郎撮影)。

海上自衛隊のP-1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」から火器管制レーダーを照射されました。ただごとではありませんが、どう読み解けるでしょうか。

「レーダー照射」が意味するものは?

 2018年12月21日(金)、防衛省が発表したところによると、20日(木)15時ごろ能登半島沖において、海上自衛隊厚木基地 第4航空群3航空隊所属の哨戒機P-1が、韓国海軍駆逐艦「広開土大王(クァンゲト・デワン)」から火器管制レーダーを照射されました。

 駆逐艦が、レーダーを使用すること自体は珍しくありません。もちろん韓国海軍の駆逐艦だけではなく、海上自衛隊の護衛艦も日常的に使用しています。「広開土大王」は空中の目標に対して、「対空索敵用レーダー(AN/SPS-49)」と「火器管制レーダー(STIR)」を使用しますが、ではなぜ防衛省はあえてこれ発表したのでしょうか。

 それは今回、使用されたものが「火器管制レーダー」であるためです。

 対空索敵用レーダーは、アンテナを回転させ電波を広範囲に発信し、全周囲を警戒するために使いますが、「火器管制レーダー」は、対空索敵用レーダーによって探知した「目標」に対してアンテナを向け続け、リアルタイムで相手の情報を取得する目的に使われます。

 このように、相手にレーダー電波を指向し続けることを「照射」と呼んでおり、より広く使われている言葉では「ロックオン」とも表現されます。そしてこの火器管制レーダーはもっぱら、艦対空ミサイルの誘導や艦砲射撃のために使用されます。

 つまり「広開土大王」がP-1に対してレーダー照射したという事実は、艦対空ミサイルによって「照準中」であることを意味するのです。したがって火器管制レーダーの照射は、相手に対して攻撃の意図を示すことになり、よほどのことがない限り行われません。

韓国側の説明は説明になっていない

 近年、日本近海においては、レーダー照射される事件が増えつつあります。2013年1月には、海上自衛隊護衛艦「ゆうだち」が中国海軍フリゲート艦にレーダー照射されたほか、2016年には航空自衛隊F-15戦闘機が中国空軍戦闘機から緊急離脱したことが取り沙汰されましたが、この時もレーダー照射された可能性があります。

 平時においては、レーダー照射されただけでいきなり反撃を加えることは、まずありません。これは日本だけではなく、アメリカやそのほかの国でも同様です。しかしながら極めて緊張度の高い戦時ならば、反撃もありえる危険な行為です。中国の事例はともかくとして、なぜ韓国海軍はあえてこのような行動に出たのでしょうか。

 発生の翌21日に韓国側は、自国駆逐艦が船舶の位置を確認するためにレーダー照射した結果、偶然にもP-1に照射されてしまったという見解を発表していますが、火器管制レーダーはミサイル誘導のため、極めて細いビームとして発信されます。それが飛行中のP-1にぶつかる可能性はほぼゼロに等しいといえ、説得力に欠けます。

 ただ駆逐艦は、対空索敵用レーダーで探知した標的に対して自動的にレーダー照射を行う能力を持っているものがあり、「広開土大王」においてもたまたま対空索敵用レーダーがP-1を探知してしまったため、それに連動して偶発的にレーダー照射をしてしまった可能性は十分に考えられます。

 よって現在のところ、理由については不明です。

本当に偶発的事故かもしれない理由とは?

 今回の韓国海軍駆逐艦の行動について、あくまで筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)の推測ですが、韓国政府や韓国海軍において、P-1を照準する意図は無かったのではないでしょうか。前記の通り火器管制レーダー照射は非常に危険な行為であり、国際問題となり得る行為です。韓国側には何のメリットも無いどころか、謝罪さえ必要となる外交上の「失点」を、あえて進んで行う合理的理由が無いのです。おそらくは何らかの「事故」だったのではないでしょうか。

 なおP-1は、海上をパトロールし船舶や潜水艦を探知する能力に優れた「哨戒機」で、機首上部の「コブ」の内部にESM(電子戦支援装置)と呼ばれる電波逆探知装置を備えており、相手のレーダー電波を受信・解析する能力があります。それによってレーダー照射された事実を知りえたものと推測されます。

 レーダー照射自体は歓迎できることはでありませんが、今回、日本側はひとつだけ利益を得た可能性があります。P-1のESMによって探知された電波情報は、間違いなく解析されるはずです。そしてほかの航空機や戦闘機などの電子戦装置においても共有され、また電波妨害装置のアルゴリズムにも反映されることとなるでしょう。電波情報は現代戦において貴重な財産なのです。こうした観点からも韓国側は、損はあっても得るものは何もなく、意図的にレーダー照射したとは考えにくいと言えます。

【写真】海自P-1哨戒機にレーダー照射した韓国海軍駆逐艦

関連記事(外部サイト)