ANAのA380「空飛ぶウミガメ」カウチシート料金決定 ファーストは往復35万円から

ANAのA380「空飛ぶウミガメ」カウチシート料金決定 ファーストは往復35万円から

エアバスの独ハンブルク工場で初披露されたANA「FLYING HONU」デザインのA380型機(2018年12月13日、恵 知仁撮影)。

ANAが成田〜ホノルル線に導入するエアバスA380型機のダイヤと運賃を発表。ファーストクラスとカウチシートは初めての設定です。

7月から毎日運航に

 ANA(全日空)は2018年12月26日(水)、成田〜ホノルル(米ハワイ)線に導入する超大型旅客機エアバスA380型機の運航ダイヤと運賃を発表しました。

 2019年5月24日(金)から、以下の便がエアバスA380型機で運航されます。

・NH184便:成田20時20分発→ホノルル8時40分着(火・金・日曜発)
・NH183便:ホノルル11時30分発→成田翌15時00分着(火・金・日曜発)

 2機目が投入される7月1日(月)からは、以下の便がエアバスA380型機で運航されます。

・NH184便:成田20時20分発→ホノルル8時40分着(毎日発)
・NH182便:成田21時35分発→ホノルル10時10分着(火・金・日曜発)
・NH183便:ホノルル11時30分発→成田翌15時00分着(毎日発)
・NH181便:ホノルル12時45分発→成田翌16時00分着(火・金・日曜発)

 なお、A380型機でない曜日は、ボーイング787-9型機が使われます。

 ANAが成田〜ホノルル線に導入するA380型機は、ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれ親しまれている「ウミガメ」にちなんだ「FLYING HONU(フライング ホヌ:空飛ぶウミガメ)」という愛称を持つ特別塗装機です。ハワイの「空」「海」「夕陽」をそれぞれイメージした3機が登場します。

「カウチ」料金はキャンペーンで最大半額に

 座席は全520席です。ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスのほか、レッグレストを上げてベッドのように利用できるカウチシート「ANAカウチ」を日本の航空会社で初めて採用します。

 ANAのホノルル路線で初めて設定されるファーストクラスは、往復運賃が35万円から(現地空港税、燃油特別付加運賃など別途必要)。特典航空券の日本発必要マイル数は12万〜12万9000マイルです。

「ANAカウチ」は、3席または4席を1組として、エコノミークラス運賃に、利用人数に応じた料金を追加することで利用できます。

 たとえば3人席を大人2人と子ども1人で利用する場合の追加料金は9000円、大人2人で利用する場合は2人で1万9000円(ハイシーズンは4万9000円)です。

 4人席を大人2人と子ども2人で利用する場合は4人で1万2000円、大人2人で利用する場合は2人で5万2000円(ハイシーズンは17万2000円)の追加料金がそれぞれ発生します。

 なお、5月24日(金)から7月11日(木)まで(ホノルル発は7月12日まで)の搭乗分は、カウチシートの追加料金が最大半額となる就航記念キャンペーン価格が設定されます。また、カウチシート利用時は、専用の寝具(シーツマット、枕、毛布)も利用可能です。

 航空券の予約・販売は、1月10日(木)15時に開始されます。なお、ボーイング787型機での運航としてすでに予約・販売されているビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスは、1月4日(金)以降、順次、エアバスA380型機に変更される予定です。

関連記事(外部サイト)