海外での邦人保護、自衛隊はどう動く? 鳥取の陸海空舞台に「邦人保護措置訓練」実施

海外での邦人保護、自衛隊はどう動く? 鳥取の陸海空舞台に「邦人保護措置訓練」実施

海外の邦人を陸上輸送することを目的にオーストラリアから輸入された輸送防護車。フロントは防弾ガラス(2018年12月13日、月刊PANZER編集部撮影)。

海外で日本人が紛争に巻き込まれるなどした場合、自衛隊はこれに対し、武器使用をともなった保護が認められています。2018年12月、鳥取県にて、そうした事態に備える大規模な訓練が実施されました。

海外で暴徒に囲まれる悪夢、そのとき自衛隊は?

 日本国旗が揚がるJICA(国際協力機構)の施設に群衆が集まっています。手には棒や石を持ち、塀を叩いたり怒鳴ったりしてなにやら不穏な雰囲気です。その様子を、上空からドローンが監視していました。2018年12月11日(火)から14日(金)までの4日間、鳥取県の日光演習場、陸自米子駐屯地、空自美保基地およびこれらを結ぶ経路、ならびに周辺海空域で実施された、「平成30年在外邦人等保護措置訓練」のひとコマです。

 海外にいるときに、現地の紛争や暴動に巻き込まれることほど不安なことはありません。しかし、日本人がこうした事態に巻き込まれ、避難や帰国ができなかったり、犠牲になったりする事案が何度も発生しています。

 2013(平成25)年1月に発生した「アルジェリア人質事件」では、邦人10名の犠牲者が出て、日本国内に大きな衝撃を与えました。

 軍隊には外国で紛争や暴動に巻き込まれた自国民を救出して自国まで連れ帰るという任務があります。日本でも、ソマリア沖海賊の対策部隊としてジブチに派遣されている陸上自衛隊の部隊をアルジェリアに派遣する作戦案も出ましたが、法的な問題から実現しませんでした。自衛隊は、在外邦人を輸送することは2007(平成19)年から本来任務に位置付けられたものの、輸送機や艦船によるものに限られており、現地に着いても空港や港で待機することしかできませんでした。

 しかしこのアルジェリアでの事件を契機に、同年の11月15日には自衛隊法が改正され、陸上自衛隊による邦人の陸上輸送が可能になりました。さらに2015(平成27)年9月19日には平和安全法制が可決されて武器を使用する警護、救出もできるようになり、「在外邦人等輸送」は「在外邦人等保護措置」と呼ばれるようになります。

 在外邦人が滞在国外へ退去する際、空港や港湾へ移動するために、集合場所が指定されます。冒頭の場面は、JICAの現地事務所を集合場所に想定したもの。ここから彼らを空港や港湾へ輸送するのは陸上自衛隊の任務ですが、この訓練のように、集合場所が暴徒に囲まれているような事態も想定しなければなりません。

武器使用も認められる「在外邦人等保護措置」、でもその前に

 邦人輸送任務に当たるのは、スピーカーや暴徒対処用「秘密兵器」を装備した、軽装甲機動車と輸送防護車で編成された誘導輸送隊です。「輸送防護車」は、海外の邦人を陸上輸送することを目的にオーストラリアから輸入された装甲車で、10名が乗車でき、特に地雷や道路に仕掛けられた爆発物に対する防御に優れています。陸上自衛隊中央即応連隊に8両が配備されており、航空自衛隊のC-130、C-2輸送機で空輸することが可能です。

 これら装甲車は機関銃を装備していますが、暴徒対処用の「秘密兵器」として音響兵器、通称「LRAD(Long Range Acoustic Device)」が装備されている車両もあります。これは特定の方向に指向性のある音波を投射して、強烈な不快感を一時的に与え、なるべく危害を与えず暴徒を遠ざけるものです。アメリカ軍をはじめ各国軍、警察で採用されており、効果が認められています。

 また誘導輸送隊は偵察用に、UAV(いわゆるドローン)も装備しています。カナダ・エリヨン社製の「スカイレンジャー」で、折り畳み可能であり、専用バッグに入れ隊員が背負って運搬できます。市販ドローンより高性能で、悪天候時でも飛行が可能、取材当日も雨天でけっこう風もありましたが、安定した飛行を見せていました。

 誘導輸送隊は暴徒から少し距離を取って、スピーカーから英語で「こちらは日本の陸上自衛隊です」「我々を通して下さい」「解散して下さい」「代表者と話をさせて下さい」などと呼びかけます。また日本語で、集合場所内にいる邦人に向けて、陸上自衛隊が来たことを伝えます。

 しかし暴徒は解散する様子を見せません。投石も始まりました。ここで“秘密兵器”LRADの登場です。強烈な音波を発しながら装甲車隊が急速前進し、暴徒を追い散らして集合場所に入り、なかにいる邦人を輸送防護車に収容。こうして邦人は空港に向かいます。

 取材公開された想定では、暴徒は銃など火器を所持しておらず、比較的スムーズに救出ができましたが、当然、武装している場合の訓練も実施されています。しかし作戦の「手の内を明かす」ことにもなるので訓練は公開されていません。

空港で「ハンドシグナル」を習うワケ

 訓練の舞台は、空港での訓練を想定した空自美保基地へと移りました。

 ロープで仕切られたレーン、荷物チェック用のプラかご、金属探知機、セキュリティ係員によるボディチェック。空港の、国際線搭乗ゲートのセキュリティチェックで普通に見られる光景ですが、ここで働いているのは迷彩の防弾ベストを着用し、ヘルメットを被った航空自衛隊員です。警戒にあたるのもガードマンや警察官ではなく、小銃を携行した陸上自衛隊員で、ほかにMPの腕章をした警務科隊員や、赤十字腕章をした衛生科隊員の姿も見えます。

 国際空港としての出入国管理機能は喪失し、邦人出国手続きのため、セキュリティチェックのレーンや金属探知機、出国カウンター、待合室の椅子まですべて日本政府が仮設した、という設定です。

 パイプ椅子が並んだ待合室では、搭乗前の説明が行われますが、普通の民間機ならまず聞くことがない内容もあります。それは航空機に搭乗を「案内」する自衛隊員による、手の動きや指の形で合図を送る「ハンドシグナル」の説明です。

 乗客は自らの安全のため、「案内自衛隊員」の指示に従わなければなりません。飛行場では航空機のエンジン音で声が聞こえなくなるので、不測の事態に備えて、「進め」「止まれ」「しゃがめ」「伏せ」「立ち上がれ」の、5パターンのハンドシグナルの説明が徹底されるのです。

 在外邦人の保護活動の中心になるのは外務省ですが、防衛省とも連携します。実際に現地で活動するには、外務省職員だけでは人数も装備面からも不可能で、自衛隊の協力が不可欠なのです。

関連記事(外部サイト)