沖縄走って40年「730バス」 2台だけ残った「右から左」の生き証人、いまも現役

沖縄走って40年「730バス」 2台だけ残った「右から左」の生き証人、いまも現役

那覇市郊外を走る沖縄バスの三菱ふそう製「730バス」(画像:奥原崇達)。

沖縄県で、40年前のバスが2台、いまも走っています。通称「730(ナナサンマル)バス」。沖縄の本土復帰から6年後の「ある日」から一斉に走り始めた、歴史の生き証人ともいえる車両です。

「右側通行」から一夜にして「左側通行」へ そのときバスは…

 沖縄県で、導入から40年が経過したバス車両2台が現役で走っています。両車は沖縄の歴史における、ある転換点の「生き証人」といえる存在です。

 沖縄県は第二次世界大戦後、アメリカの統治下に置かれ、車両の通行ルールはアメリカと同じ「右側通行」とされていました。1972(昭和47)年、沖縄は日本へ復帰しますが、特措法(沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律)に基づき、右側通行は継続されました。

 しかしこれは、「ジュネーヴ交通条約」における「一国内で右側通行と左側通行の混在を認めない」という決まりに矛盾。そこで、本土と同じ左側通行に変更されることとなりました。ここで困ったのはバス車両。それまでは右側通行だったため、乗降口は車体の右側。左側通行であれば当然、乗降口が左側に設けられたバスが必要になります。

 乗車口を左側にするためには運転席を右側に移動させる必要がありますが、既存の車体すべてに、短期間でここまで大掛かりなレイアウト変更を行うのは不可能。当時のバス会社にできることは、新車を購入することのみでした。

 そこで、当時の沖縄でバスを走らせていた那覇交通、琉球バス(現・琉球バス交通)、沖縄バス、東陽バスの4社はそれぞれ、いすゞ自動車、日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)、日野自動車、三菱ふそうにそれぞれ車両を発注。通行車線が切り替えられる1週間前には、沖縄の米軍基地跡地に新しい右ハンドルのバスが大集結しました。そして1978(昭和53)年7月30日、左側通行への一斉切り替えが実施されるとともに、新しいバス車両が沖縄中を走り始めることとなったのです。

「730バス」いまも乗れる!

 沖縄の車両通行ルールが右側通行から左側通行に切り替わった1978(昭和53)年7月30日は、「730(ナナサンマル)」と通称されます。この日から走り始めた新しいバス車両も、いつしか「730バス」と呼ばれるようになりました。

 そして、導入から約40年以上の月日が流れた2018年末現在、沖縄バス、東陽バスの2社が「730バス」をそれぞれ1台ずつ、動く状態で保有。沖縄バスは、那覇バスターミナルと南城市の新原(みいばる)を結ぶ39番系統(百名線)で、毎週日曜の午前中のみ運行しています。

「『730バス』は古いので、あまり動かすと故障する可能性が高いんです。かといって、まったく動かさないと錆びついてしまうので、状態を保存する意味もあって、週に1回は走らせています。『730』当時を知っている人にとっては懐かしい車体ですので、可能な限り走らせ続けていきたいですね」(沖縄バス)

 東陽バスも、「730バス」を走らせるのは基本的に日曜・祝日のみ。南城市の馬天営業所と浦添市の屋富祖(やふそ)を結ぶ「城間線(一日橋経由)」で、1日3便の運行を担当していますが、「車両が古いため、何らかのトラブルが発生した場合には別の車両で対応する場合もあります」とのこと。

 どちらのバスも、いまでは貴重になった「モノコック」構造の車両。フレームを持たず、鉄板を貼り合わせてボディが形成されており、負荷を分散させるため車体が全体的に丸みを帯びているのが特徴です。歴史あるバスに確実に乗車したい場合は、事前に営業所に問い合わせたほうがよいかもしれません。

※記事制作協力:風来堂、松本玲子

関連記事(外部サイト)