「鳳翔」に始まる日本の「空母」を振り返る 黎明期からのその20年あまりの歴史とは

「鳳翔」に始まる日本の「空母」を振り返る 黎明期からのその20年あまりの歴史とは

旧日本海軍の航空母艦「鳳翔」。写真は就役時のもの(画像:アメリカ海軍)。

戦後70年あまり途切れていた日本の「空母」が、いま再び動き出そうとしています。世界に「空母」というものが誕生したころから太平洋戦争終結までの、20年あまりの日本におけるその歴史を振り返ります。

最初は戦艦の撃ち合いを助ける脇役

 新聞の見出しになるほど、「空母」という言葉にはインパクトがあるようです。2018年12月に発表された、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」で、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦いずも型が、短距離離陸垂直着陸戦闘機F-35Bの運用をできるよう、事実上の空母へ改修されることが示されました。正式には「多機能のヘリコプター搭載護衛艦」と呼ばれますが、「攻撃型空母」ではないのか、専守防衛との関係はどうなのかと議論が交わされています。

 そもそも「空母」を、日本はどのように扱ってきたのでしょうか。日本で最初に空母として建造されたのは、1922(大正11)年12月27日に竣工した「鳳翔(ほうしょう)」でした。

 20世紀に入るまで、海上戦闘の基本は大砲の撃ち合いでした。レーダーがなかった時代に大砲を照準するのは目視でしたが、どんなに大きな大砲でも「当たらなければどうということはない」のです。大砲が大きくなって射程が長くなると、水平線越しの砲撃戦などという場面も出てきます。着弾観測のため戦艦の艦橋もどんどん高くなり、望遠鏡も大きくなりますが、限界があります。そこで注目されるようになったのが、航空機による偵察と着弾観測です。

 水上機を海面に下ろして発進、回収を行う「水上機母艦」は第一次大戦前から存在していましたが、砲撃戦で航空機を使うことは、同大戦の陸上戦で有効性が認められていたので、艦船にも着弾観測用に水上機が使われるようになりました。そして、海戦を有利にするため敵の水上機を追い払い、味方の水上機を守る「戦闘機」が登場し、海の上でも「制空権」を取り合う空中戦が起きるようになります。

 水上機には、水面に浮かぶための大きなフロートが付いており、陸上機より性能は劣ります。空中戦ではフロートの無い陸上機の方が有利です。制空権を取るために陸上戦闘機を飛ばせる艦「空母」が生まれるのは必然でした。しかし当初、「制空権」を確保した後の海戦の主役は戦艦であり、空母の役割はあくまで戦艦の仕事の事前準備でした。

 空母が初めて積極的な攻撃手段として使われたのは、イギリスの軽巡洋艦改造“空母もどき”「フューリアス」が1918(大正7)年7月19日、陸上戦闘機7機でドイツ海軍飛行場を攻撃したのが最初と言われています。

そして空母は海戦の主役へ

 第一次世界大戦ののち、第二次世界大戦までの戦間期に航空機は目覚ましい進歩を遂げ、旧日本海軍は「空母」の新造を決めます。航空機運用専門艦はまだ各国とも試行錯誤の状態であり、日本も見本となる外国情報もないなか、手探りでの建造開始になりました。

 こうして生まれたのが、旧日本海軍空母「鳳翔」です。

 当初は「龍飛(たっぴ)」の艦名で、1919(大正8)年度内の完成を予定していた「鳳翔」ですが、コンセプトは二転三転し、竣工したのは1922(大正11)年でした。水上機を吊上げるクレーンを装備するなど、水上機と陸上機両方を運用できるような構造になっており、試行錯誤の様子がうかがえます。その後1944(昭和19)年まで、何度も改修が行われて姿を変えています。

 航空機の性能が向上し、搭載する兵装が強力なものになると、1930年代後半には、航空機で戦艦を撃沈できるかもしれないという期待が世界の軍関係者のなかで生まれ、広がりますが、まだ半信半疑の状態です。これを確信に変えたのが、旧日本海軍による「真珠湾攻撃」と「マレー沖海戦」です。空母の艦載機による広い攻撃範囲と柔軟性、そしてけた違いの展開速度で、戦艦の出る幕はなくなり、太平洋戦争は空母が海戦の主役となって、その艦載機の質と量が決する戦いになったのです。

 旧日本海軍は「鳳翔」以後、アメリカなど5か国のあいだで1922(大正11)年に締結した、戦艦や空母の保有を制限する「ワシントン海軍軍縮条約」により、未完成となっていた巡洋戦艦「赤城」「加賀」を空母に改装したうえ、新造空母を5隻立て続けに建造し、太平洋戦争開戦時には空母9隻を有していました。「真珠湾攻撃」にはそのうち6隻が参加しています。しかし、戦争が長引くにつれ戦没数は就役数を上回り、結局、「一度の海戦に参加した空母の数」は、1944年(昭和19)年6月19日の「マリアナ沖海戦」時における9隻が最高でした。この海戦で空母3隻を喪失、そして1944(昭和19)年10月23日からの「レイテ沖海戦」で、空母4隻をおとりとして用いて損耗すると、以後、旧日本海軍は空母部隊を編成することができなくなります。

 最初の空母「鳳翔」は、1942(昭和17)年6月5日からの「ミッドウェー海戦」で主力戦艦部隊に随伴したのを最後に、練習空母として内地に留め置かれたため、航行可能状態で生き残ることができ、戦後、復員船として活躍することになります。

撃たれ弱かった旧日本海軍空母

 旧日本海軍は、攻撃に強く防御に弱いといわれますが、アメリカ海軍と比べて決定的に遅れていたのが、被害を局限する「ダメージコントロール(ダメコン)」能力です。旧日本海軍の艦艇は空母に限らず、大型艦艇が少ない被弾で失われることが多く、その原因の多くはダメコンの失敗による「艦内火災」です。「ミッドウェー海戦」で失われた「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」は、いずれも被弾後、火災の消火に失敗して喪失しています。

 旧日本海軍の空母は、悪天候や軽微な攻撃に対し航空機を守れるよう、格納庫を居住区などで囲っていたのが災いし、気化した燃料ガスが充満しやすく、爆風の逃げ場がなくて、被害が大きくなりやすいという構造上の問題がありました。

 乗組員の訓練も攻撃一辺倒で、ダメコンは軽視されています。「ミッドウェー海戦」後からようやくダメコンの重要さに気付き、防火・消火設備の充実、飛行甲板の装甲化を行いますが、「装甲空母」として期待された「大鳳」や、「大和」の姉妹艦「信濃」は、いずれもダメコンに失敗し軽微な攻撃で失われています。

 大正生まれの最初の空母「鳳翔」と“後輩”たちは、「真珠湾攻撃」などで戦艦に代わる「空母の時代」を築きますが、そのほとんどは戦没してしまいました。「鳳翔」は練習空母として“後輩”を育成し続け、旧日本海軍の最後までを見届けたのです。

【写真】甲板上の九九式艦爆と空母「蒼龍」

関連記事(外部サイト)