「川越特急」東上線に新設 特急料金不要、池袋〜川越間は最短26分 東武

「川越特急」東上線に新設 特急料金不要、池袋〜川越間は最短26分 東武

東武東上線「川越特急」のロゴ(画像:東武鉄道)。

東武東上線が、ダイヤ改正で新種別「川越特急」を設定。特急料金不要で、池袋〜川越間を最短26分で結びます。

3月16日にダイヤ改正

 東武鉄道は2019年1月17日(木)、東上線で実施する3月16日(土)のダイヤ改正で、新種別「川越特急」を設定すると発表しました。

 特急料金は不要。車両は「TJライナー」などの50090型電車をクロスシート(座席が進行方向を向いた状態)で運行します。池袋〜川越間を最短26分で結び、「川越観光=東武東上線」のイメージの深度化を図るといいます。

 停車駅は池袋、朝霞台、川越、川越市、坂戸と、東松山〜小川町間の各駅。運転本数は、土休日が下り2本と上り4本、平日が下り2本と上り3本です。車内では川越観光に関する案内を自動放送するほか、一部列車にはコンシェルジュが乗車し観光案内を行います。

 なお、ダイヤ改正に先駆けて、2月12日(火)からは、50092号編成の外観を川越の四季や風景でデザインしたラッピング列車「池袋・川越アートトレイン」を導入。東上線で運行し、ダイヤ改正後は「川越特急」としても使用する予定です。

【画像】「池袋・川越アートトレイン」

関連記事(外部サイト)