「外車のレンタカー」なぜいま拡大 過去には失敗も 変化した価値観

「外車のレンタカー」なぜいま拡大 過去には失敗も 変化した価値観

福岡県のオリックスレンタカー八幡インター店が導入しているホンダ新型「NSX」。料金は6時間7万200円から。38歳未満への貸出は不可(画像:オリックスレンタカー)。

輸入車のレンタカーが増えています。業界大手のニッポンレンタカーも、かつて中止した輸入車の貸し出しを、大手ディーラーのヤナセと手を組み全国で展開。背景には「所有からシェアへ」という時代の流れだけでなく、輸入車に対する価値観の変化が存在します。

あのヤナセがレンタカー、なぜ?

「レンタカー」といえば、国産の乗用車や商用車が一般的ですが、近年、輸入車や高級車、ヴィンテージカーなどのレンタカーが増えています。

 そのような個性派車種に特化したレンタカー会社が多く誕生するなか、輸入車ディーラーのヤナセも2015年からレンタカー事業に進出。2017年には業界大手のニッポンレンタカーサービスと提携し、全国の「ニッポンレンタカー」を通じてヤナセの輸入車をレンタルできるようになりました。オリックスレンタカーやタイムズカーレンタルといった大手でも近年、限られた店舗で輸入車などのレンタルを行っていますが、全国規模で展開するのは、ニッポンレンタカーサービスとヤナセが初めてだといいます。

 ヤナセが2018年10月に20歳以上の免許保有者1575人を対象に実施したアンケートでも、「輸入車レンタカー」を知っていると答えた人は4割を超え、認知度が向上しているとのこと。どのようなニーズがあるのか、ヤナセに聞きました。

――どのような人が、どのようなシーンで利用しているのでしょうか?

 一般的にレンタカーはビジネスユースも多いなか、輸入車の場合は大半がプライベートでのご利用で、遠出されるよりも自宅近辺で乗られる方が多いです。「輸入車に乗ってみたかったから」「この車種に乗ってみたかったから」といったお声があります。この傾向は全年齢で共通ですが、最もご利用が多いのは20代の男性です。

――そもそもなぜ、ディーラーである御社がレンタカーに力を入れているのでしょうか?

「所有からシェアへ」という時代の流れのなかで、輸入車の使われ方も変化しています。「買わないけれど利用したい」というニーズに応えたものです。

――レンタカーの利用から、クルマの購入につながるような事例はあるのでしょうか?

 レンタカー事業の目的は「購入」につなげることではないものの、レンタカーで利用したことにより「購入したい気持ちになった」というお声はあります。当社のショールームでも試乗はできますが、購入を検討するうえで、「自分たちだけで1日試したい」という方もいらっしゃいますので、購入に直結はしないものの、リンクはしているのかな、と感じています。

「高嶺の花」ではなくなった輸入車、だからこそレンタカーで

 ニッポンレンタカーサービスはヤナセとの提携について、「ふだん国産の小型車を利用されている方が、何かの記念に使っていただけるような車種を導入し、サービスを拡大したい思いがありました。そこで、レンタカー事業を拡大したいヤナセさんと思惑が一致したのです」と明かします。

 ただ、同社では過去にも輸入車を取り扱っていたものの、あまり利用がなく中止したそうです。「昔は『外車だから』というある種の抵抗感があったからでしょう」とのこと。

「かつての輸入車は国産車との価格差が大きく、『高嶺の花』のイメージがありましたが、いまやその差が縮まり、輸入車の販売台数も順調に増加しています。輸入車がより手の届きやすい存在になったことが、レンタカーのニーズにもつながっているのです」(ニッポンレンタカーサービス)

 ニッポンレンタカーでの取り扱い車種は、メルセデス・ベンツの「Aクラス」や「Cクラス」、BMW「2シリーズ」、アウディ「A1」などが中心。ヤナセによると、いまレンタルで最も利用が多いのはBMWのSUV「X1」(導入地域は東京と北海道のみ)だそうです。ニッポンレンタカーサービスは、「2018年12月には、東京の店舗でフォルクスワーゲンの新型『ポロ』も導入しました。ワーゲンの『試し乗り』にはちょうどいいでしょう」と話します。価格は車種にもよりますが、たとえば「ポロ」は6時間で8100円(税込みの一般料金)です。

 より高額なクルマや、ヴィンテージカーなど、個性的な車両をレンタカーとして導入する会社もあります。しかしニッポンレンタカーサービスは、「バラエティーに富ませるのも考えられなくはありませんが、お客様の嗜好や運転のしやすさ、サイズ感などを考えると、現行のラインアップがちょうどいいくらいかもしれません」といいます。

 ちなみに、ヤナセはレンタカーのウェブサイトで、各車種の操作方法の解説に力を入れています。「国産車と違って、カーナビやワイパーの操作方法がわからないといったお声もあるため、動画で詳しく説明しています」とのことです。

【写真】日本一高額? ホンダ新型「NSX」のレンタカー

関連記事(外部サイト)